昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

停電は「ブラックアウト」回避のため “わざと”起こしたもの

それではなぜ、関東で停電が起き、わずか3時間でスピード復旧したのか?

今回の停電は「ブラックアウト」(大規模停電)を防ぐため、自動的に起こした停電だったことが分かった。

 

通常、電気使用量と発電量のバランスは常に安定している必要があるが、地震により発電・送電が一部停止されてしまうことでバランスが崩れると、異常を捉えた発電所が連鎖的に止まってしまう。このことをブラックアウトといい、大規模な停電が発生する。

 

過去の例では、2018年の北海道胆振東部地震で実際に起きている。この時は北海道全体という、大規模な停電となり、ほぼすべてが復旧するまでに実に50時間を要した。

 

今回の地震では発電所の一時ストップを受け、一部地域で自動的に停電を発生させ、需要を減らしてバランスを取るシステムが作動。その結果、停電は一定の範囲に抑えられ、発電量が戻るにしたがい段階的に停電も解除するという流れで、地震発生から約3時間で全面解除となった。

 

「地震で停電は起きるもの」という意識の備えを

加藤綾子キャスター:
ブラックアウトを防ぐシステムが有効に機能したということですね。それでも210万件という規模の停電でした。不安になった方も多かったと思いますが、柳澤さん、いかがですか?

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏:
早く言ってよという感じがしますね。停電が起きたときに、なぜ起きてるのかわからなくて。送電設備がだめなのか、変電所がだめになっているのかわからなかったですよね。もう少し電力会社は説明をきめ細かく出してほしいなと思いました。ただ、そうは言っても、地震が起きたら停電は起こるものだってことを頭ではわかってるんですけど。何となく時間が経つと、忘れてしまうこともがあるので、こういうことをきっかけに、地震・停電は起きるんだということを肝に銘じる必要があるなという気はしましたね

 

加藤綾子キャスター:
そうですね。地震が起きたときに、何が起こる可能性があるのか。想像力を働かせて、意識の備えというのも私たちも必要ですね?

ジャーナリスト 柳澤秀夫氏:
こういう地震が起きると、将来どういうふうに教訓を酌み取るかという話になるんですけど。我々は教訓を忘れてしまうんですよね。時間が経つと“喉元過ぎれば”で。「人間は教訓は忘れてしまうんだ」ということを教訓にしなきゃいけないなという気がしましたね

榎並大二郎キャスター:
柳澤さんからも話がありました、システム、復旧の見通しの住民への知らせ方など、さらに改善していく余地はまだまだあるかもしれません

(「イット!」3月17日放送より)

この記事の写真(11枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z