昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜ2回揺れた? 関東で大規模停電のなぜ? 大震災との関連は?…最大震度6強 気になる疑問を解説

source : 提携メディア

genre : ニュース, 社会

 

3月16日午後11時36分ごろ、宮城県や福島県で震度6強を観測する地震が発生した。宮城や福島での地震ということもあり、東日本大震災との関連を感じた方も少なくなかったと思われる。

 

ただ、専門家によると東日本大震災との関連はないそうだ。大震災はプレートとプレートの境界で起きた巨大地震だったが、16日夜の地震はプレート内の深い場所で発生したものだという。震源が比較的深く、マグニチュードも大きかったので、関東など広い範囲で揺れたのが特徴だという。

 

また、震度6強の地震の2分ほど前にも大きな揺れがあったため、2回地震があった感覚に襲われたかもしれない。これはどういうことかというと、1回目の地震ではプレート内に力がかかり、プレートの一部が壊れた。2回目の地震は1回目の影響を受けて、他の大部分がさらに大きく壊れた。これによって、より大きな地震が起きたという。

 

関東では東北超える「210万軒」が大規模停電

関東地方では今回の地震を受け、東京での約70万件など、約210万件の大規模な停電となった。

榎並大二郎キャスター:
私も昨日、東京・江東区で取材をしていましたが、街の一角がすっぽりと暗闇に包まれていました。交通誘導する警察官の姿もなく。大規模ですから手もなかったということだと思うんですが、歩道と車道の境界も見えづらくてですね。歩行者の皆さん、スマートフォンや懐中電灯など光を頼りに歩いていました。車が通るたびに、ちょっと緊張感が走るような暗闇の現場だった訳なんですが、本当に真っ暗でしたね

 

加藤綾子キャスター:
もうこれほど大規模な停電が起きるとは、ちょっと想像していなかったなというのが正直なところです

榎並大二郎キャスター:
この大規模な停電、発生からおよそ3時間で全て解消されたんです。その瞬間をご覧ください。「バーン」という音がしましたよね。あれが恐らく、電気が通ったという音なんですけれども。一気に街に明かりが戻りまして。その瞬間にあちらこちらで住民らしき人たちが寝間着姿のままで建物の外に出て周りを確認をするという、安堵の表情というのも印象的でした