昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

川栄とのW主演で交際スタート、電撃“授かり婚”

「高校までサッカー部に所属。大学在学中にスカウトされ、芸能界入りしました。『弱虫ペダル』をはじめ、アニメやゲームなどを舞台化した作品に出演する“2.5次元俳優”として知られています」(芸能記者)

 18年10月の舞台「カレフォン」で、川栄とW主演したのを機に、交際がスタート。半年余りの交際を経て、19年5月に電撃“授かり婚”を果たした。

「川栄のほうが圧倒的に知名度は高かったものの、廣瀬も役者として今後が期待される存在だった。ところが、コロナの影響で舞台が中止になったりして、仕事量は次第に減っていったのです」(事務所関係者)

元AKB48の川栄は1児の母(NHK朝ドラ「カムカムエヴリバディ」公式HPより)

「今は妻のために」夫は“主夫”を選択

 廣瀬が選んだのは、川栄の代わりに家庭を守る“主夫”だった。

「産後も『早く仕事に戻りたい』と語る川栄を、子育ての面でも献身的にサポートしてきました。大阪に滞在し、豚汁などの料理も妻子のために作るようになった。廣瀬本人は『今は妻のために』と漏らしているとか。彼の存在無くして、最後までヒロインを務め切ることはできなかったはずです」(川栄の知人)

 二人の結婚生活について、川栄が「最も信頼する」という母に尋ねると、

「娘は娘。婿は婿(笑)」

 と、娘によく似た表情で朗らかに答えた。

 好きになった人と結婚し、一家の大黒柱として奮闘する。これは、まさにるいではないか。

 

【10名様に5000円分のAmazonギフト券をプレゼント!どしどしご応募ください!】

緊急アンケート! 朝ドラ「カムカムエヴリバディ」あなたの「最も好きなキャラ」「最も印象的な場面」は?

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z