昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「窓という窓に女の子の顔がペターっと!」『幽☆遊☆白書』蔵馬役の緒方恵美を驚かせた、ファンの“熱狂的すぎる反応”

『再生(仮)』より #1

2022/04/05

『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジをはじめ、『美少女戦士セーラームーン』のセーラーウラヌスや『カードキャプターさくら』月城雪兎など、数々の人気キャラクターを演じてきた声優・緒方恵美さん。2021年12月公開の『劇場版 呪術廻戦0』でも、主人公の乙骨優太役を演じて話題になりました。

 ここでは、緒方さん初の自伝本『再生(仮)』より一部を抜粋。デビュー作『幽☆遊☆白書』ファンの熱狂に触れたエピソードを紹介します。(全2回の1回目/後編を読む)

碇シンジ、セーラーウラヌス、月城雪兎など数々の人気キャラクターを演じてきた声優・緒方恵美さん

◆◆◆

震えながら上がった初イベントツアーは……

 92年10月に放送がスタートした『幽☆遊☆白書』ですが、しばらく経って、初めてのイベントがありました。初イベントというだけでも緊張するのですが、何より『幽☆遊☆白書』のお客さんに会うのがとてもこわかった。というのも、たくさんの先輩方に言われていたから。「心の準備をしておけ」と。

 新人で人気キャラクターを演じていると、お客さんから攻撃されることが多いのだと。ある男性の先輩は、人気ヒロインの相手役を演じたために、イベントで生卵をぶつけられたそう。また他の先輩は、剃刀入りの手紙をたくさんもらったとか。えええ! 震えました。

アニメ『幽☆遊☆白書』。左から二番目が緒方恵美さんの演じた蔵馬。(公式サイトより)

 当時はネットの口コミもなかった頃ですから、お客さんがキャストをどう思っているかは会ってみなければ、イベントのフタを開けてみなければわからない。

 しかも私が知っている情報は、放送前のキャスト発表の時に、蔵馬を演じるのが新人の女性だということで、テレビ局や出版社に抗議の電話や手紙が届いていた、ということだけ。私の所属事務所情報も何も出ていなかったので、実際の抗議の声は、私自身にはまったく届いていなかったのです。

 ただ、とにかくなんとか頑張って乗り切らなければならない。役を演じることは好きでしたが、自分のことを語るのが得意ではない私。まず何を話せばいいかわからない。でもせめて、初めて披露するキャラクターソングだけはきちんとやりたい。それで、キャラクターソングに振りをつけてみようと思い立ちました。

z