昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/05

「ええと……いわゆるビアンではなく、夫婦ですか?」

 私が演じるセーラーウラヌスこと天王はるかは、女性だけどどこか中性的で、男装の麗人的な役柄です。一見、クールに見えるけど実はとてもまっすぐで情熱的な性格。

 ジャケットを着て格好良く車を走らせたり男っぽいふるまいをしていても、どこか色っぽさを感じさせるのは、監督の幾原邦彦さんや脚本の榎戸洋司さんが官能的なニュアンスを入れてくださったから。『S』の世界全体に色気や毒気がいい感じで漂っていて、はるかの隣には、艶っぽく凛と微笑んでいる勝生さんのみちるがいる。幸せでした。

 初アフレコのとき、「はるかとみちるは、夫婦のつもりで演じてください」とディレクションを受けました。「ええと……いわゆるビアンではなく、夫婦ですか?」「そう、夫婦です」「女性同士で?」「はい」。

 どういうことなんだろう、と考えつつの発進。女性同士でもあり方は夫婦のようで、はるかは旦那側。はるかを演じる時は、旦那としてみちるをリードしなきゃと一生懸命でした。

©iStock.com

 でもあとで考えると、掌の上で転がされてるのは完全にはるかのほう。それは勝生さん演じるみちるのおかげで、私はみちるに乗せられて、格好良くいさせていただいているんだと気づいた。すべては引き立ててくださる女性のおかげ。男性心理と居方を、沁みて学んだ時期でした……(笑)。

 はるかとみちるの掛け合いで流れる独特の空気感は、勝生さんがいたからこそ生まれました。とても繊細な空気を作り、キャッチボールできる稀有な声優のお一人。私は、自分が思った表現をそのまま出すことしかできなかったのに、勝生さんがそれをうまく掬い取り、絶妙に返してくださる。

 どの役でもそうですが、こうした空気感まできちんと含んだやりとりができることは、声優をしていても滅多にありません。もし、みちるが勝生さんでなければ全く違ったものになっていた。

z