昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ASAYAN」終了から20年…日本の“オーディション番組”はどう変化してきた?〈モー娘。からNiziUまで〉

J-POPから見るニッポン

2022/04/10

 ここ数年、テレビや配信でオーディション番組が増えている。私が「なんだか懐かしいドキドキと興奮……」と夢中になったのが、2020年の「Nizi Project」だった。

 オーディション番組自体を久しぶりに観た。J・Y・パークさんの笑顔と「キューブをアゲマース……」は楽しませてもらったし、女の子たちのパフォーマンスに度肝を抜かれた。ダンスだけでなく言葉もラップも歌唱力も試される。しかもオーディションの段階で半年間も韓国で合宿!!

J・Y・パーク ©AFLO

 そんな壮絶な内容ながら、お互い支え合い、ライバルの活躍に嬉しくて涙する子までいて、なんとも穏やかな空気を感じた。平日の朝に見ても(朝の情報番組「スッキリ」で特集企画として放送)仕事に支障が出ない爽やかな後味のオーディションって凄いわ……。誰が選ばれるかというより、もはや「全員ガンバ!」と親のような目線で見守った。

「Nizi Project」が特殊だったのだろうかと思ったが、続いて放送された「THE FIRST」も、やはり清々しいミントの風が吹くようなシーンの連続だった。

 ライバル意識はあるけれど、お互いの弱点をいかに克服できるか提案し合い、グループに貢献することを先に考える参加者たち。受かったあとなら分かるけど、審査の途中でこれができるのか! 自分ならキーキーしてしまうだろう。ライバルを励ますなど絶対できない。

 今のオーディションは、私の知っているオーディションの域を超えていた。

「ASAYAN」終了から20年……

 私が「Nizi Project」の前、最後に印象に残っているオーディション番組は「ASAYAN」である。放送は1995年から2002年。

 1997年の河村隆一さんによる「Say a Little Prayer」デビューの際には、メンバー3人が個別でアウトドアキャンプに行かされ「なぜ?」と思ったことをよく覚えている。

モーニング娘。(2000年撮影)

 モーニング娘。誕生のきっかけとなった「女性ロックヴォーカリストオーディション」は毎週固唾を飲んで見守った。「小室哲哉オーディション1999」の小林幸恵さんの歌が大好きだったので、「ニッキー・モンロー」という名前を付けられたときはハラハラした。

 そして1999年〜2001年の「男子ヴォーカリストオーディション」では、ピリピリ空気の中、素晴らしい包容力を見せライバル達にも慕われていた佐藤篤志さんの人柄に感動した。その後EXILEの「ATSUSHI」としてご活躍しているのを発見したときは嬉しかった……! 嗚呼、「ASAYAN」と聞いただけで怒涛の如く名シーンが瞼に映る。あの番組が終了してもう20年も経つとは。