昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

瀧中、弓削、茂木…イーグルスを優勝に導く“犬鷲三戦士”に注目せよ

文春野球コラム ペナントレース2022

 伊達政宗様が築かれた仙台・宮城・東北の魅力と歴史を伝えるべく甦った、奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊、片倉小十郎景綱にござる。

 当世に甦ってからは野球を心より愛しており、武将隊界隈では最も「野球通」であると自負いたしておる。そんなわし景綱、今季の文春野球コラムペナントレースもチーム東北楽天ゴールデンイーグルスの選手として戦うことと相成った。なにとぞよろしくお頼み申し上げまする。

 時に……先日、ついにプロ野球2022シーズンが開幕いたしたのう。3年ぶりに入場制限なしでの開幕となった故に、多くのプロ野球ファンが各球場に赴き、選手一人ひとりのプレーに大いに盛り上がっておった。また、今季は従来通り延長12回までの実施が決定しており、徐々に以前のプロ野球が戻りつつある。これはまことに良きことじゃ。今シーズンはいったいどのような戦いが観られるのか。まことに楽しみである。

 少し前の出来事であるが、我らが東北楽天ゴールデンイーグルスはオープン戦初優勝を勝ち取り申した。オープン戦は投打ともに過去一番の戦績を残したと存ずる。西川殿、川島殿の加入やルーキーの安田殿の活躍もあって掴んだオープン戦優勝。ベテラン選手から若手選手まで互いに切磋琢磨し合い、一丸となってシーズンを戦い抜いてほしい。

 開幕から今日まで数試合が終わったが、今季はどの球団も強いという印象を受け申した。これより先、油断できぬ戦いが続いてゆくであろう。パ・リーグはまさに群雄割拠。

 されど、我らが楽天イーグルスは決して譲らぬ!! 目指すは勿論、「頂」。9年ぶりのリーグ優勝、そして日本一である。

 此度は楽天イーグルスを優勝へ導くであろう選手をわし景綱が考え、選出。「伊達三傑」ならぬ「犬鷲三戦士」として紹介いたして参る。とくと御覧じろ!

『伊達武将隊・片倉小十郎景綱が選ぶリーグ優勝&日本一へ導く犬鷲三戦士!』

瀧中瞭太

超遅曲球の使い手【瀧中瞭太投手】

 昨季、自身初の二桁勝利10勝5敗防御率3.21という戦績で先発投手陣の一角を担った瀧中殿。

 オープン戦が始まったころは制球が安定せず、打ち込まれる場面も多ござったが、後半は変化球でもカウントを稼げるようになり、直球の球威、制球が良くなり申した。瀧中殿の代名詞スローカーブと直球で強打者を翻弄する姿が容易に想像できる。これまでの経験で培った投球術を存分に発揮いたせば、昨年以上の勝ち星を掴める投手であるとわしは思うておる。プロ3年目右腕の瀧中殿が先発投手陣を引っ張ってゆくことであろう。

眠れる獅子【弓削隼人投手】

 3年目であった昨季は1軍5登板(先発4)と自己最小登板にとどまり、持ち味を出し切れなかった弓削殿。今季は主戦場を中継ぎに変え臨む、勝負の年であろう。身長193センチ、体重約100キロの巨体であり、腕が遅れて出てくる投球フォームは「左キラー」としての素質十分。左の強打者が多いパ・リーグ、今季から延長戦が従来通り12回まで行われる事も踏まえると登板回数は多くなるのではと予想しておる。イーグルスの数少ない左投手として、勝負所でのワンポイントに全身全霊を捧げてほしい。小山1軍投手コーチも期待する大型左腕が今季のチーム躍進の大きな鍵とならん。

いざ完全復活へ【茂木栄五郎内野手】

 完全復活へ期待がかかる、茂木栄五郎殿。ここ最近のシーズンは幾度となく途中離脱に涙を飲んだ。昨年11月には長年の悩みである腰痛を解消すべく椎間板ヘルニアの手術を決断した茂木殿。術後はゆっくりと調整をし、オープン戦中盤よりチームに合流。合流後は状態の良さを維持いたし、打席数は少ないものの打率.360と結果を残した。茂木殿の打撃力はチーム内屈指と存ずるが、わしがとくに素晴らしいと見ておるのが「守備力の高さ」じゃ。本来のポジション三塁手として球際の強さ、打球判断の良さなど持ち味を披露してもらいたいのう。今季は長期離脱なく、打撃に守備にとチーム優勝のため邁進してくれると信じておる。