文春オンライン

「5000万円ゆすられている」福原愛の不倫と嘘 前妻は“被害者”のはずが“恐喝犯”にさせられ…

note

〈B子氏(実名)は、昨年から依頼者(福原)に対し繰り返し架電し、週刊文春にリークされたくなければ、5000万円を支払えなどと法外な要求を行いました〉

前妻が告白した週刊文春先週号

B子さんの代理人弁護士は強く反論

 そして、実はこんな一文が記されていたのだ。

〈警視庁〇〇署はB子氏を警察署に呼び出すとともに、B子氏に対して、厳重注意処分を行っています〉

ADVERTISEMENT

 これが事実なら、B子さんの言動が行き過ぎたとも言えるが、B子さんの代理人弁護士は強く反論する。

「B子さんが恐喝しようとした事実はなく、任意聴取は一度で終了。担当刑事に確認したところ、『被害届は受理しておらず、今後本人同士のやり取りをしないようにとは伝えたが、厳重注意処分を行ったという事実はない』という回答でした」

前妻に恐喝されたと訴えるが……

不倫の“被害者”のはずが“恐喝犯”に…

 さらに、福原側は先週号で〈B子氏に対しては、刑事告訴を行います〉と回答したが、担当刑事はその時、こう話していたという。

「B子さんは、確実に『リークされたくなければ、5000万円を支払え』とは言っていない。事件化できるものではないと判断し、そのことは福原さん側にも伝えている」

 代理人弁護士が続ける。

「ポストセブンは福原さんに有利な事情だけが書かれており、記事の訂正をしたいと話したところ、『恐喝だ』と通報されました。B子さんは不倫の被害者であるにもかかわらず、恐喝犯と言われたのです。こうなると、法的手続を通じて、事実を明らかにすることを考えざるを得ません」

 福原に改めて事実確認を求めたが、期日までに回答はなかった。

 福原の“嘘の往復ラリー”は、コート(法廷)へと舞台が移りそうだ。

「5000万円ゆすられている」福原愛の不倫と嘘 前妻は“被害者”のはずが“恐喝犯”にさせられ…

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録