昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「5000万円ゆすられている」福原愛の不倫と嘘 前妻は“被害者”のはずが“恐喝犯”にさせられ…

 5歳下の元商社マン・Aさんとの不倫関係が報じられてきた卓球元日本代表・福原愛(33)。週刊文春先週号ではAさんの前妻B子さんが意を決して福原の嘘を告白したが、実は警察をも……。

◆ ◆ ◆

前妻が福原の“ラブレター”を発見

 騒動の発端は、昨年3月に「女性セブン」が報じた福原とAさんの“連泊デート”だった。福原は「友達の一人」と否定。AさんとB子さんの夫婦関係も一旦は改善に向かった。ところが昨年8月中旬、B子さんは自宅で〈Aの笑った顔が大好きな愛より〉などと綴られた“ラブレター”を発見。その後、二人は昨年11月初旬に離婚している。

福原愛

 一方、福原とAさんの同棲を掴んだ週刊文春は昨年12月21日、事実確認のためにB子さんの元を訪ねていた。ただ、この時の取材には口が重かったB子さんだが、即座に福原の携帯に連絡。「まだAと連絡を取っているんですか」と尋ねると、福原は否定したという。

 ところが、翌22日朝、「NEWSポストセブン」が〈福原愛 あのイケメン商社マンと真剣交際スタート「再婚も視野に」〉と題した記事を配信したのだ。

福原は「お金を強請られている」と警察に連絡

 B子さんの代理人弁護士が振り返る。

「B子さんは福原さんに連絡し、『記事にあるように〈あの頃は別居中で夫婦関係は破綻していた〉のも二人が〈連絡を絶っていた〉のも嘘。訂正してほしい』と伝えたところ、後日電話で100万円の迷惑料を提示してきました。謝罪もないため、これ以上、個人間でのやり取りは無意味と判断し、B子さんは『納得できない』と伝えた上で『5000万円ほしいくらいです』と無理な金額を伝えたのです」

後部座席に福原を乗せてAさんが運転

 すると福原は警察に「お金を強請(ゆす)られている」と連絡し、B子さんとの会話を録音した音源を持参した上で被害相談を行ったという。一連の経緯について、福原側はこう回答していた。