昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《競馬・大阪杯》『どないなってんねーん!!矢野虎』阪神が大連敗の裏側で…デイリースポーツが起こした「奇跡」とは?

2022/04/05

 阪神タイガース開幕9連敗。セ・リーグワースト記録更新。私はデイリースポーツが気になっていた。というのもデイリーは熱烈な阪神推しだからです。

 では、阪神が開幕3連敗した翌日の1面を見てみよう(3月28日)。

『どないなってんねーん!!矢野虎』

 まだ元気だった。ストレートすぎて可笑しい。阪神ファンの声を代弁している。スポーツ紙は“推し球団”が負けた翌日こそ、腕の見せどころなんだと思う。こんなときこそどんな熱量をファンに提供しているのか。これもひとつの新聞ウオッチである。

デイリースポーツ(3月28日)

デイリースポーツが報じた「阪神の秘策」

 開幕からのデイリーのおもな1面見出しを振り返ってみよう。

『矢野虎 悪夢悔幕7点差守れず 大暗転』(3月26日)

『屈辱 95年以来開幕4連敗 ケラー守護神 剥奪』(3月30日)

『27年ぶり開幕5連敗 虎史上ワーストタイ』(3月31日)

 そして球団ワースト開幕6連敗。気になったのは『非常事態!!メカトラッキー出撃』(4月1日)という見出しだった。タイガースが甲子園球場の地下で秘密裏に進めていた“極秘MT開発計画”があるらしい。それがメカトラッキー。連敗ストップの秘策なのか?

デイリースポーツ(4月1日)

 実はこれ、エイプリルフール企画だった。甲子園球場に出現したゴジラと阪神の選手が戦うのだ。実際に映像は制作されておりYouTubeで視聴することができる。しかしファンにとってウソだと思いたいのは開幕6連敗という現実だろう。

 そして遂に7連敗。それでもデイリーはファンを勇気づける。『開幕7連敗も光見えた 大山が近本がG追い詰めた きょうこそ勝ったれ』(4月2日)