昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

幼い子どもを火葬した夜に…火葬場職員が体験した“恐怖のしりとり”「この子が言ってる言葉、赤いものばっかり…」

『最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常』より #2

©下駄華緒、蓮古田二郎/竹書房
©下駄華緒、蓮古田二郎/竹書房

 1万人のご遺体を見送った男・下駄華緒さんの火葬場職員時代の壮絶体験を漫画化した『最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常』(竹書房)。紙と電子を合わせて累計3万部を突破した同作より、下駄さんの“幽霊体験エピソード”「火葬の夜に起きた不思議体験」を抜粋して紹介する。(全2回の2回目/「火葬中のニオイ」編を読む)

◆◆◆

最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 (BAMBOO ESSAY SELECTION)

下駄 華緒 ,蓮古田 二郎

竹書房

2021年9月24日 発売

この記事の写真(8枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー