昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈妻が怒りの声明公表 離婚へ〉「性被害映画」榊英雄監督の性加害を女優が告発 脚本家からも疑問の声

週刊文春」の報道により多数の女優への性加害が明らかになった映画監督・榊英雄氏(51)。妻でシンガー・ソングライターの和(53)が11日、公式サイトを更新し、夫である榊英雄氏と離婚協議を進めていることを明らかにした。「離婚に向けて、別居、協議を進めております」「家族がありながらの夫の行為に対して許せないものがありました。一度も榊を許したことはありません」と極めて強い言葉で夫を非難している。

 連日報道される監督・俳優の「性加害」。被害者が声を上げるに至った背景には何があったのか。女優たちが告発した榊氏の性加害、取材への回答を報じた当時の記事を再公開する。(初出:「週刊文春」 2022年3月17日号 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 3月25日からの公開を予定していた映画「蜜月」。同作のメガホンを取った人気映画監督の過去の女優たちへの行動を巡り、同作の脚本家から製作側に見解を問うメールが出されていることが「週刊文春」の取材で分かった。

俳優と映画監督の二刀流で活躍

 映画「蜜月」では、主人公・美月役を人気女優の佐津川愛美が務め、義父役を板尾創路、夫役を永瀬正敏が演じている。「家庭内の性被害」にスポットを当てた作品だ。3月8日に完成披露上映会が行われたが、佐津川が登壇すると同時に感極まって泣きだす一幕もあった。この日は「国際女性デー」だったこともあり、佐津川はすべての女性たちに向けて「まだまだ生きにくい時代だと思うけど、それを解決していくのは(それぞれ)自分自身かなという思いがある」などと語り、公開を前に話題を集めている。

榊英雄氏(本人が代表取締役を務める会社、ファミリーツリーのHPより)

 監督を務めたのは、榊英雄氏(51)。榊氏は長崎県五島市出身で福岡の大学を卒業後、上京。1995年に主演作「この窓は君のもの」で俳優デビューを果たした。その後は下積みが続いたが、やがて自主映画の監督も務めるように。1998年公開の自主映画「“R”unch Time」がインディーズムービー・フェスティバルで入選。2009年の「誘拐ラプソディー」では第20回日本映画批評家大賞新人監督賞を受賞した。

「俳優業も軌道に乗り、近年はNHK大河ドラマ『西郷どん』や『いだてん』にも脇役で出演。俳優と映画監督の二刀流で活躍しています。最近は『蜜月』だけでなく安田顕と山田裕貴のW主演映画『ハザードランプ』も監督しており、こちらは4月中旬から全国で公開予定です」(映画ライター)