昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈引退表明〉「怒った猫になりなさい」の一言が小平奈緒を“絶対女王”に変えた

 平昌五輪のスピードスケート女子で個人500メートル金メダル、1000メートル銀メダルを獲得していた小平奈緒(35)が12日、現役引退を表明した。今年10月に開催される全日本距離別選手権がラストレースとなる。会見で小平は自身の引退について「自分の人生を次に進めるのはいいことかな」と語った。

 バンクーバー五輪以降、メダリストとして“絶対王者”の名を欲しいままにしていた小平。強さの秘密に迫った「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:「週刊文春」 2017年12月28日 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

「まさに“絶対女王”と言うべき存在になりました」

 スポーツ紙記者が絶賛するのは、スピードスケート女子の小平奈緒だ。

 得意とする500メートルでは今季のW杯は4戦全勝。この種目における連勝を23に伸ばし、さらに10日には1000メートルでも、世界新記録を樹立した。

平昌オリンピックのスピードスケート女子1000mで銀メダルに輝いた小平奈緒選手 ©JMPA

「怒った猫になりなさい」

 平昌五輪では「金メダル確実」(同前)と言われる絶対的強さの秘密とは?

「バンクーバー、ソチの五輪にも出場したベテランですが、これまではW杯では好成績を残しても、五輪本番ではふるわず、メンタルに課題があった」(同前)

 転機となったのは、メダルを期待されながら五位に終わったソチ五輪後。小平は、スピードスケート大国のオランダに単身、“武者修行”に乗り込んだのだ。

「オランダでは元金メダリストのマリアンヌ・ティメルコーチに“入門”。小平にとって現役時代のティメルの闘志あふれる表情が印象的で、彼女に学びたいと思ったそうです」(同前)

 ティメルコーチは2シーズンに渡って、技術面を指導したが、とりわけ劇的な進化をもたらしたのは、こんな一言だったという。

「怒った猫になりなさい」

 スケート関係者が、この言葉の意味を解説する。

「小平には、スタートの姿勢で低く構えると頭が下がってしまうクセがあった。

 そこで戦闘体勢で姿勢を低くしても、頭は下がらない猫をイメージしなさい、と。今ではオランダのスケートファンまで、小平を“怒れる猫(オランダ語ではBOZE KAT)”のニックネームで呼んでいます」

 武者修行の成果は、それだけではない。

「異国の地で通訳もスタッフもいない生活をするわけですから、どんなトラブルも自分で処理しないといけない。結果、課題のメンタルが鍛えられて、試合でも動じなくなった」(同前)