昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈引退表明〉小平奈緒 平昌五輪金メダルの後も「毎日、戦闘モード」

 平昌五輪のスピードスケート女子で個人500メートル金メダル、1000メートル銀メダルを獲得していた小平奈緒(35)が12日、現役引退を表明した。今年10月に開催される全日本距離別選手権がラストレースとなる。会見で小平は自身の引退について「自分の人生を次に進めるのはいいことかな」と語った。

 バンクーバー五輪以降、メダリストとして“絶対王者”の名を欲しいままにしていた小平。強さの秘密に迫った「週刊文春」の記事を再公開する。(初出:「週刊文春」 2018年08月23日 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 2018年2月、平昌冬季五輪の女子スピードスケート個人500メートルで金メダル、1000メートルで銀メダルを獲得した小平奈緒選手。

 それから6カ月後。小平は忙しい日々を送っていた。

平昌オリンピックのスピードスケート女子1000mで銀メダルに輝いた小平奈緒選手 ©JMPA

イベントに引っ張りだこの小平選手

「氷上では『怒れる猫』と呼ばれ、絶対王者として振舞っていましたが、競技から一歩離れればとても可愛いらしい女性。祝賀パレード、春の園遊会、講演、各種イベントと、引っ張りだこ状態が続いています」(スポーツ紙記者)

 2011年から平昌五輪まで夏場の自転車トレーニングを指導した、サイクルラインズ代表の幸壬(こうじん)学氏もこう語る。

「五月には結城匡啓(ゆうきまさひろ)コーチ(信州大教授)と一緒に、メダルを持って京都まで報告に来てくれましたが、あまりの忙しさに『ほぼ毎日、何らかのスケジュールが詰まっていて、自分の意思では何も予定が入れられない』と話していました」

 8月1日には地元・長野県茅野市のJR茅野駅で一日駅長に。特急から降車してきた人々を「ようこそ、お越しくださいました」と笑顔でお出迎え。一目見ようと集まったファンや親子連れから「奈緒ちゃーん」と声がかかると手を振って応えるなど、すっかりイベント慣れした様子。

「人前で話すのが本当に苦手なタイプでしたが、それも相当克服したように見えますね。彼女も32歳、次の北京冬季五輪については、何も明言していません。いずれスポーツキャスターやタレントになっても充分やれると思います」(前出・スポーツ紙記者)

 4年後に言及しないのは、もしかして、結婚なんて話があるからなのか? 母・光子さんに聞いてみた。

「全っ然ないですね、恥ずかしいくらいですよ、あははははは。でもまあ、それは自分がそういう気にならないと始まらないし。すべて本人任せにしていますよ。スケートについては、4年後どうするとか、話をする機会もないですねぇ」