昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「家族から『やめなよ』みたいに言われることもあります」…それでも突き詰めた“ディズニー愛”たっぷりのカスタム軽自動車がスゴすぎた

「好き」に真っ直ぐ、クルマ娘 #2

2022/04/21

 かつては「ヤンキー」の代名詞だったシャコタンも、彼女たちにかかれば立派なオシャレのアイテムに。ド派手なスタイルの車を操り、ひときわ輝く彼女たちのクルマ愛に迫る!(全4回の2回目/続きを読む)

軽自動車に多額の改造費

 免許を取ってはじめて買った車がこのタントで、それからずっと弄りつづけています。多分もう10年以上になりますかね。

夢の国を車内に再現したような空間

 カスタムをはじめたきっかけは、旦那の影響です。ただ、旦那はセダンの外装を弄っているくらいで、自分は内装まで全部手を入れるようになっちゃって。やり出したら止まらなくなっちゃいましたね。

 これまでにかかったお金は……ちゃんとはわからないですけど、カスタム費用だけで400万円くらいだと思います。内装にかかっているのが150万円とかですかね。シートや内張は全部替えて、天井もエアブラシで塗ってもらいました。

シートや内張はもちろん、天井にもエアブラシで精巧なペイントが

 テーマとしては「外装イカつく、中はかわいく」っていう感じで。外から見るとトゲトゲしているけど、ドアを開けるとすごく派手、みたいな。

 そういうギャップのために、外装にもかなり手を入れています。エアロは全部、板金屋さんにワンオフで作ってもらいました。塗装もオリジナルの色で、キラキラを入れる費用が高くて。普通のラメとかじゃなくて、ガラスフレークなんですけど、日が当たるとすごいキレイですね。

外観はあえて攻撃的な表情に

 カスタムは旦那さんが手伝ってくれることもあります。ヘッドライトも、DIYで作ってもらいました。

 家族とかからお金の面で反対されることはないんですけど、やっぱり弄り方的に「やめなよ」みたいに言われることもありますね。なのであんまり、家族や友達を乗せることはないですね。そもそも乗りたがらないし……。

ドアを開けるとファンシーな世界が広がる

 この車のほかにもう2台あるので、普段はそっちに乗っています。買ってからしばらくはこの車で、車高もかなり低い状態で通勤していたんですけどね。

 それから弄っていくうちに、この車はイベントがメインになっちゃいました。やっぱり通勤に使っている車と比べると、運転も大変だし走りにくくって。2、3年前にこの形にフルリメイクしたのも、年齢も年齢なんで最後に「やろう!」っていう感じで。ディズニー愛を思い切り出しました。

※車両は、イベント出展時の状態であり、公道走行時とは異なる箇所があります

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(13枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー