昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/27

genre : ライフ, 娯楽, 商品

 ぬいぐるみや文具などのグッズはもちろん、イヤリングやコスメなど女性向けの商品も多い。また、東京スカイツリータウン・東京ソラマチには2019年から「カービィカフェ」が常設オープンしており、カービィを題材にした特別なメニューが楽しめる。

 前述の下着を見ればわかるように、カービィは女性にも人気のキャラクターといえよう。筆者のように当時子供だった人のみならず、現在の子供にも認知されており、ただのゲームキャラクターという枠を越えているのだ。

 だれにでもクリアできるゲームを目指して制作された『星のカービィ』は、多くの人に愛されるキャラクターとしても人気を博している。『星のカービィ』シリーズはゲームの入門作品なので入りやすいし、単純にキャラクターとしての知名度も高いのでゲームを遊ばない人にも好まれる。ピンクで丸いデザインも秀逸で、いろいろな意味で親しみやすい存在となっているのだ。

 シリーズ最新作となる『星のカービィ ディスカバリー』では、カービィが車やジェットコースターをほおばってしまう「ほおばりヘンケイ」という新たな変化を加えつつ、多くの人が遊びやすい内容に仕上がっている。しかもシリーズ初の3Dアクションに挑戦しており、少しずつ進化を遂げているのだ。

画像はカービィカフェ公式サイトより

「じつは子ども向きだなんてアピールは、私はぜんぜんしてないんですよ」

 もちろん、シリーズ最新作の『星のカービィ ディスカバリー』も見事な内容だ。カービィのさまざまなほおばりヘンケイやコピー能力を楽しんでいるうちに、いつの間にかクリアしてしまうような体験になっているだろう。

 2000年のインタビューで、カービィの生みの親である桜井政博氏はこう語っている。

 カービィシリーズって、子ども向けっていうパブリックイメージがあるような気がしますが、じつは子ども向きだなんてアピールは、私はぜんぜんしてないんですよ。あくまでも“初心者向け”なんです。だから、難しいところもあるし、スピード感だってあります。遊び方を自分でいろいろ工夫できるゲームなんですね。ただ、そのよさに誰よりも早く気づいたのが子どもで、それで子どもに人気があるのかもしれませんね。

任天堂マガジン・2000年3月号「人気キャラ・カービィの魅力に迫る!」より 

 初心者向けのアクションゲームという当時は珍しかった立ち位置を、着実に守り続けてきた『星のカービィ』シリーズ。現在は多様な展開でより多くの人に知られるゲーム・キャラクターになり、30年の歴史を築くまでになった。ピンクのまんまるは、きっとこれからも多くの人に愛される存在となるだろう。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z