昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

〈元小学生ギャル〉13歳になったじゅなちゃんは中学校で…「みんなと授業を受けることも他の生徒に会うこともできていない」

「元小学生ギャルじゅなちゃん」インタビュー#1

 金髪につけまつげ、ヘソ出しルックなど、13歳とは思えないほどのギャルスタイルを貫くじゅなちゃん(13)。今年の春、中学生になった彼女は、モデル活動をしながら公立の学校に通っているが、ある校則問題に直面しているという。

 今回、じゅなちゃんとご両親に、ギャルになるまでの道のりや、中学校で直面している頭髪問題、そして今後の目標などについて詳しく話を聞いた。(全2回の1回目/後編を読む)

じゅなちゃん(13)

◆◆◆

「なんでじゅなちゃんだけ金髪なの?」と質問されることも

――まずはご卒業とご入学おめでとうございます。

じゅな ありがとうございます!

――小学校6年間はいかがでしたか。

じゅな うーん。友だちと話している時間はとても楽しかったですが、それ以外は大変な時の方が多かったです。学校のルールと自分のやりたいことのバランスを取るのが大変でした。ギャルの見た目のままでは学校にいけないので。

――ギャルといえば派手な髪色やメイクという印象ですが、小学校のルール的にはダメだったと。

じゅな 髪色は先生にOKをもらったので、金髪のまま通っていました。

ランドセルを背負うじゅなちゃん (インスタより)

お母さん 学校のルール的には「染髪」はNGでした。校長先生と話し合う機会を設けてもらって、そこで最低限のルールを決めて、それを守っていました。

――最低限のルールとは?

お父さん 一応モデル活動をやっているので、髪の毛だけは仕方ないけど、付け爪やつけまは禁止。それ以外にも必要以上に派手な格好はしてこないでくださいということでした。もちろん親としては、学校に通いながら好きなことをやってほしかったので、学校側の意見とじゅなの意見をどちらも尊重しつつ、妥協案を見つけたいと思っていました。

 メイクや爪などはモデル活動の時には必要ですが、学校には必要ないので、そこはじゅなにルールを守るようにと言っていましたね。