昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「転んでも何度だって立ち上がる」オリックス・平野佳寿投手から学ぶ、落ち込んだ時に大事なこと

文春野球コラム ペナントレース2022

2022/05/08

 悲しいことや嫌なことがあったとき、いつまでも引きずってモヤモヤしたことありませんか?

 仕事や試験で失敗してしまったり、誰かの何気ない一言をいつまでも気にしてしまったり、夜ベッドの中で「あのときの自分の言動は誰かを傷つけてしまったのではないか」なんて心配して眠れなくなってしまったり。

 いつまでもそんなネガティブな気持ちでいたくないのに、なかなか普段通りの自分になれない。

「早く前向きになろう」「気持ちを切り替えよう」と思っても、心がついてこないという経験、皆さんも一度はあるのでは?

 なんなら、気持ちの切り替えが上手い人の方が少ない気がします。

上手く気持ちを切り替えられなかったMC就任当初

 かくいう私もその一人。

 私は2014年~2017年に、オリックス・バファローズのスタジアム・アシスタントMCとして活動し、2018年~現在は、オリックス・バファローズの主催試合の中継リポーター・ヒーローインタビュアーを担当しています。

 野球を全く知らない素人から始まり、スコアブックの書き方はおろか、

「ゲッツーとダブルプレーってどう違うの? えっ? 同じ意味?」

「先発投手に勝ちがつく条件って?」

 など、就任当初はファンの皆さまをヤキモキさせてしまったと思います。当然この状態で質の高いインタビューができるはずもなく失敗の連続。

 そんな自分に何度失望したことでしょう。

「明るく元気に」が求められる中、なんとか気持ちを切り替えて球場へ向かうも、京セラドームが視界に入った瞬間に、「また同じ失敗をしたらどうしよう」など不安がよぎり、ボロボロと涙が出てきてしまったことも。

 しかし、ナーバスな気持ちのままでは、どんな仕事も良いパフォーマンスというのは出にくいもの。

 選手たちは日々、どんなふうに気持ちを切り替えているのか気になりました。

絶対的守護神・平野のメンタルとは

 プロ野球の世界は毎日のように試合があります。

 そして"勝ったり負けたり" "打ったり打たれたり"という結果が必ずつきまとい、思い描く数字が残せなければユニフォームを脱がなければいけないという厳しい現実も待っています。

 そんなシビアな世界で「強靭なメンタルを持っている」と数々の選手たちから声があがる選手がいます。

 オリックスの絶対的守護神・平野佳寿投手です。

平野佳寿

 4月26日の北海道日本ハムファイターズ戦で史上7人目となる日米通算200セーブを達成。1点リードの延長10回に登板し、三振2つを含む三者凡退に抑え、今シーズン7セーブ目を記録。これが節目の記録となりました。

 大きな責任を背負ってマウンドにあがるクローザー。先発投手が守ったリードを自分の失敗で一瞬でふいにしてしまうこともあります。

 抑えて当然と思われがちな過酷なポジションです。

 振り返ってみれば、昨年のオリックスはシーズン序盤、抑えがなかなか定まらず苦しみました。

 同じ3つのアウトを取るにしても、やはり競り合う展開の9回を投げることが、どれほど難しいことなのかを物語った光景でした。

 そんな中、数々の修羅場をくぐりぬけ、200以上のセーブを積み上げてきた平野投手。

 きっと鋼のメンタルなんだろうなぁと想像していたんですが、返ってきた言葉は意外なものでした。