昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2022/04/29

genre : エンタメ, 映画

 まず観客構成は男性48.7%、女性51.3%。男女がほぼ拮抗し、やや女性が多い。観客の年齢は平均が21.0歳。過去の宮崎監督作品接触度としては、『風の谷のナウシカ』52.5%、『天空の城ラピュタ』47.3%、『となりのトトロ』38.5%、「見ていない」32.7%という結果になっている。

 この数字を踏まえ同書は「映画館で見た観客はもちろんのこと、後にビデオやTV放映で『ナウシカ』『ラピュタ』を見た女性たちが宮崎監督のファンになり、その新作『魔女の宅急便』に押し寄せたということでしょう」と分析している。

 この分析はそのとおりだと思うが、前年の『トトロ』ではそのマジックがなぜ効かなかったのかを考えると、もうひとつ別のファクターも重要だったのではないかと思われる。

『魔女の宅急便』が舞台としたのは、古き良きヨーロッパを思い起こさせる少しレトロな街(宮崎は「第二次世界大戦を経験しなかったヨーロッパのどこか」とその世界観を形容している)で、これはいわゆる“名作劇場”――1974年の『アルプスの少女ハイジ』が切り開いた路線――に近い雰囲気を持っている。

©1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

 観客は平均年齢21歳だから、だいたい1968年ごろ生まれということになる。この世代はまさに“名作劇場”とともに子供時代を過ごした世代であり、スウェーデンなどをロケハンした『魔女の宅急便』にシンパシーを感じやすかった、という要因も無視できないのではないだろうか。

 なお『魔女の宅急便』の配給収入は、その時点でのアニメ映画歴代1位の記録、そして1989年の国内の映画興行収入ランキングでは第3位、邦画に限れば1位という数字だった。スタジオジブリはこの後、1990年代を通じて、このレベルのヒット作を連続して送り出し、国民的なブランドという地位を築いていく。

 原田の言葉に鈴木が行動を起こさなければ、鈴木の働きかけに日本テレビが応じなければ、スタジオジブリは『魔女の宅急便』で解散していた可能性も十分ありえたのだ。

©1989 角野栄子・Studio Ghibli・N

「四階建ての構成」の『魔女の宅急便』

 では『魔女の宅急便』はどのような作品だったのだろうか。宮崎が語る通り本作が「一人暮らしを始めた女の子が通過儀礼を経て成長する」という物語であるのは間違いない。とするとやはりポイントとなるのは、映画後半に登場する、キキが飛べなくなるという展開だろう。

『魔女の宅急便』は20分~30分のブロックを四階建てにした構成でできている。コリコの街にやってきて宅急便を始めるまでが最初のブロックで第一幕。そして次のブロックが、新生活と宅急便の仕事での出来事をドキドキハラハラと楽しく描く第二幕前半。そして第二幕後半で、キキが飛べなくなる様子を描くことになる。

z