昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

小池栄子 運命を変えた知られざる「高1水着写真」

 NHK大河「鎌倉殿の13人」で、“尼将軍”こと北条政子役を熱演中の小池栄子(41)。26年前、小池を最初に見出した“社長”が、知られざる女優デビュー秘話を明かす。

◆ ◆ ◆

当時は高校1年生。渋谷109近くでスカウトされた小池

「いろんなところからスカウトされ、名刺をいただきました。(所属先を決めたのは)当時の社長が魅力的だったので。押しが強く面白い方でした」

 3月11日、NHK「あさイチ」にゲスト出演した小池は、芸能界入りのきっかけをこう振り返った。

実家は下北沢でパチンコ店を経営していた

 名前は出さなかったものの、社長といえば、小池がかつて所属した「イエローキャブ」の名物社長・野田義治氏を思い浮かべる方が多いだろう。

 だが、小池が野田氏のもと“巨乳グラドル”として売り出される前――、短期間だけ別の事務所に所属していた事実は、世間でほとんど知られていない。

「今や大女優ですが、彼女は高校生の時から『時間がかかってもいいので、女優になりたいんです』と真剣に話していました」

 そう目を細めるのは、小池をスカウトした元プロダクション社長のA氏だ。1996年7月。渋谷「109」近くの路上で声をかけたのが、当時高校1年生の小池だった。A氏の回想。

「友達と2人で歩いていた小池は、白いサマーニットにパンツルック。コギャル全盛の時代でしたから、それに比べたら地味な、普通の女の子でした」