昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載THIS WEEK

神社本庁の対応は“パワハラ”といえるか

 稲氏の代理人が続ける。

「判決の翌22日、神社本庁代理人から〈当面のあいだ、出勤を免除いたします〉とFAXがありました。ただ復職自体は認められたわけですから、私から代理人に〈稲氏本人に登庁するよう伝えております〉とFAXした上で、稲氏は登庁した。にもかかわらず、挨拶や参拝すら拒むのは、最高裁の判断を蔑ろにしているようなものです」

神社本庁を訴えた稲貴夫(いなたかお)氏 ©時事通信社

 神社本庁側はどう答えるのか。代理人弁護士が主に以下のように回答した。

「〈当面のあいだ、出勤を免除〉とFAXしたにもかかわらず、出勤してきました。そのため、出勤に及ばず、と施設管理権を代理人として行使したものです」

 両者の主張について、労働裁判に詳しい佐々木亮弁護士が指摘する。

「原告に対し、挨拶どころか、建物の敷地内にすら入れないという対応は行き過ぎです。自宅待機が長期化すれば、厚労省が定義した『人間関係からの切り離し』というパワハラ行為に抵触する恐れが出て来る。最高裁の判断を軽んじているとみられても仕方がありません」

 最高裁をも恐れぬ神社本庁。その所業は復帰を願う稲氏にとって、仏はもちろん、神もないものだった。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z