昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集クイズです

トム・ハンクスの映画はどういうわけだか全部見てますね

―― それにしてもフットワークが軽いですね。

村田 だから同年配からは嫌われますね。一緒に歩いてて「ねえ」って振り返ったら、ずっと遠く後ろにいたりして(笑)。「あなたといると疲れるのよね」って言われるけど、私もそういう人たちといると疲れます。それに、お昼だからあっさりお蕎麦にしようって、お昼にお蕎麦を食べたら午後から力が出ないでしょうって私は思うんですよ。

「闇市!」村田さんも負けじと正解。そうです、隣にいるのは女王・石野まゆみさん!

―― 映画はご覧になりませんか。お好きなスターとか? 

村田 最近はあんまりですけど、『戦場のピアニスト』は好きでした。あとは、あれ、『グリーンマイル』の……ええと、トム・ハンクス! 

――正解!

村田 トム・ハンクスの映画はどういうわけだか全部見てますね。好きというわけでもないのに、あの人の映画は「あら、また見ちゃった」という感じ。『ラストエンペラー』は5回見たな。ジョン・ローンが好きだったので。

―― ジョン・ローンは今でもお好きなんですか? 

村田 いや、もう飽きちゃった(笑)。私はなんでも3年か、長くて5年周期で飽きるので。そのあと好きになったのはリュ・シウォン、あの人の本から何からいっぱい買い込んで。あの人DV、家庭内暴力かなんかで離婚したでしょう。もう飽きました。あと、『チャングムの誓い』に出てた……忘れちゃったな……あ、チ・ジニ。もともとカメラマンだったのが俳優になった人。で、今はピかな、RAIN。

――日本人俳優はダメですか。
 
村田 考えてみたら好きなのお笑い系だけ。ユースケ・サンタマリア、ラバーガール……。

 

顔のしわより脳のしわですよ

―― 長い人生、クイズがご自身に教えてくれたことって何だと思いますか? 

村田 そうねえ……。昨日の自分より今日の自分のほうが私は好きってことかな。やっぱり昨日より今日、何か1つよけいに覚えたいんですよ。人間って猛烈な勢いで忘れるでしょう。その流れに逆らうことはできないけど、昨日より1つよけいに利口になっていく。そう考えると前向きに生きていけると思いません? 

―― 力がわいてくるお言葉です。もういい年だとか言ってられませんね。

村田 顔のしわより脳のしわですよ。私の我流ですけど、首から上のしわって一定してると思うんです。だから、顔のしわをできるだけ脳のしわに入れると、それだけいいんじゃないかなと思って。だから、顔は一生懸命しわを作らないように手入れしてますよ。それから、自分以外の人はみんな自分の先生とすることですね。よく「バカは教えたがり、利口は学びたがり」って言うじゃないですか。生きているとね、私の知らない世界や知識ってまだまだあるんだと思いますよ。だから毎日、いろんな人に会いたいって思ってます。

―― 今、新しくチャレンジしていることはありますか。

村田 こないだずっと暗記していたのは円周率。ホノルルクラブのメンバーが1000桁まで書いてあるのを持ってきてくれたので、トイレに貼って770ぐらいまで覚えたんですけど、もう忘れました(笑)。まだまだ、覚えることはたくさんありますね。

石野まゆみさん(左)と村田さん、2大女王の貴重なツーショット

構成=皆川秀
写真=杉山秀樹/文藝春秋

むらた・えいこ/1930(昭和5)年、北海道美唄の生まれ。『タイムショック』『アタック25』『アップダウンクイズ』など数々のクイズ番組を優勝。「ホノルルクラブ」会長を務める。

この記事の写真(12枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー