昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ソン・ガンホ「生きていく上での美」 是枝監督とのタッグ語る

source : 提携メディア

genre : エンタメ, 映画, 芸能, 国際

 

この夏、大注目の映画「ベイビー・ブローカー」。5月に行われたカンヌ国際映画祭では、ソン・ガンホさんが最優秀男優賞を受賞し、韓国人俳優では初、アジア人では4人目の快挙を成し遂げました。ソン・ガンホさんのこれまでの出演作は、今回の「ベイビー・ブローカー」を入れて全33作品、うち24作で主演を務めています。出演作品の累計動員数は1億人を突破し、韓国のアカデミー賞”と称される「大鐘賞(テジョン賞)」だけでも、男優主演賞を3度受賞しています。
是枝裕和監督、ソン・ガンホさんに製作秘話を聞きました。

世界が絶賛!俳優ソン・ガンホ何がスゴい?

 

ーー今回、初タッグとなったお二人ですが、お互いどのような印象だったのでしょうか。

是枝裕和監督:
聖と俗とか、善と悪など、両面を抱え込んだ、人間の存在の複雑さみたいなものを常に表現されるところがとても魅力的だなと思います。
「殺人の追憶」でいうと、たたき上げの刑事のありようみたいなものが、土の匂いがするぐらいリアルなんですよね。そういった表現が国民的俳優といわれる部分だと思います。
唯一無二の存在感です。

ソン・ガンホさん:
映画は現在、様々なメディアがデジタル化している中、映画も最先端の産業の方向に向かっていると思うんですけれども、そんな状況にも関わらず、是枝監督は、映画における重要な感性、つまり、アナログ的な感性の重要性というのを手放さずにいらっしゃる、というところがとても印象的で大変感動的に思いました。

ーー今回、是枝監督はどういった経緯でソン・ガンホさんにオファーされたのでしょうか。

是枝裕和監督:
韓国の映画祭に行った際に、「韓国でご一緒したい役者は誰ですか?」と質問されて、「ソン・ガンホさん」とずっと言っていたのですが、インタビューでそれを答えて会場を出るときに、エレベーターを待っていたら、ドアが開いて、ソン・ガンホさんが立っていたんですよ。
そこがはじめましてなんですけど、すごく縁を感じて、これは彼で企画を書きたいというふうに思いました。

z