昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載シネマチャート

エルヴィス・プレスリーの死の謎に迫る…スーパースターの“光と影” 「エルヴィス」を採点!

シネマチャート

〈あらすじ〉

 1955年、トム・パーカー大佐(トム・ハンクス)は、黒人のような歌声とセクシーなパフォーマンスで若者を熱狂させる、新人歌手エルヴィス・プレスリー(オースティン・バトラー)を発見する。大佐がマネージャーになると、彼は瞬く間にスターとなるが、激しいパフォーマンスに対する保守層の反発、最愛の母の死、取り巻きによる浪費や人気の低迷など、数々の困難に見舞われる。

 その後、カムバックに成功して再び絶頂期を迎えたエルヴィスは、海外ツアーを熱望。しかし、大佐はそれを無視してラスベガスでのショーを複数年契約してしまう。やがて、エルヴィスの肉体と精神は次第に疲弊していき……。

〈解説〉

42歳の若さで急死したスーパースターの人生と死の謎に、彼とマネージャーの関係から迫る伝記映画。『華麗なるギャツビー』に続くバズ・ラーマンの脚本・監督作。159分。

  • 中野翠(コラムニスト)

    ★★★★☆若き日のプレスリー役の俳優は野性味に欠けるが懐かしい曲の数々に、やっぱり興奮。T・ハンクスの映画のようでもあり。

  • 芝山幹郎(翻訳家)

    ★★★★☆バサラ趣味なのに内向的。大佐という負のカードが、監督と主人公をつなぐ体質を炙り出す。それでもエルヴィスは謎だ。

  • 斎藤綾子(作家)

    ★★★★★寂しくて死にそうなほど、ママ大丈夫さ、そう歌うエルヴィスの色気に悩殺。愛溢れる物語にマネージャーが邪気を放つ。

  • 森直人(映画評論家)

    ★★★★☆主演A・バトラーが最高。グラムロック的な過剰の美学を強調したエルヴィス像。この監督でしか味わえぬ固有の世界だ。

  • 洞口依子(女優)

    ★★★★☆エルヴィス誕生の稲妻級な衝撃を体現するA・バトラー。監督お得意のキラキラ感はキングの光と影と反骨にフォーカス。

  • もう最高!ぜひ観て!!★★★★★
  • 一食ぬいても、ぜひ!★★★★☆
  • 料金の価値は、あり。★★★☆☆
  • 暇だったら……。★★☆☆☆
  • 損するゾ、きっと。★☆☆☆☆
  •  
©2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

『エルヴィス』(米)
新宿ピカデリーほか全国公開中
https://wwws.warnerbros.co.jp/elvis-movie/

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー