昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

いまベイスターズの4コマ漫画を描くとしたら、主人公は牧秀悟、タイトルは「100日後に日本一になるベイスターズ」

文春野球コラム ペナントレース2022

2022/08/13

 はじめましての方ははじめまして! 漫画家のみずしな孝之と申します。1990年代から2000年代にかけて「ササキ様に願いを」というベイスターズものの4コマ漫画を描いていた者です。

 令和の今ではもうビンテージになってしまいましたが、むかし読んでたよ!とか、これでベイスターズのファンになりました!とか言って頂くことも多く、本当にありがたい忘れられない作品です。

 そんな中でもちょくちょく「いまベイスターズの4コマを描くならメンバーはどんなキャラになりますか?」というご意見を頂くことが最近増えてきました。

 僕自身も、ベイスターズ熱はまだまだ冷めておらず、SNSに似顔絵イラストなどを投稿させて頂いたり、日々高ぶってはいるのですが、果たしていま、2022年ベイスターズ戦士の漫画をみずしな流で描くとなるとどうなるのか? 作品を知らない方にはなんのこっちゃかな話になりますが、ご興味ある方はどうぞお付き合い頂ければ……。

漫画キャラとしてポイント高い牧秀悟

 まず、主人公は誰なのか問題なのですが。旧作では「ササキ様に願いを」のタイトルの通り、佐々木主浩さんという絶対的ストッパーを主人公にしていました。佐々木さんに匹敵する主人公的ネームバリューのある選手となるといまだとやっぱり牧秀悟でしょうか。

牧秀悟

 佐々木さんと違いぜんぜん傲慢さのかけらもありませんが(キャラの話です)、選手からもファンからも愛される絶対的信用、ボケもツッコミもいけるクレバーさ、主人公にして回し役という華のある立場を演じてくれそうです。何より似顔絵も描きやすいのが漫画キャラとしてポイント高いです!

牧秀悟 ©みずしな孝之

 ササキ様には相方というか、パシリ役の斎藤隆という大事なサブキャラがいたのですが、これを今のベイスターズで描くなら森敬斗がしっくり来る気がします。かっこいいのにどこかかわいそうな空気を纏う(個人の感想です)森きゅんと牧のコンビは描き甲斐がありそうです。

「敬斗! みかん氷買ってきて!」
「なんでボクがー!!」(行くけど)

森敬斗 ©みずしな孝之

 波留敏夫のような核弾頭キャラはもう文句なしで桑原将志でしょう。誰よりも元気で、勢い余ってフェンスに衝突・球場大破壊。描かなくても目に浮かびます。漫画じゃなくて、もしかしてリアルにそんなシーンあったのでは?と思わせるキャラの強さが桑原さんの魅力です。

桑原将志 ©みずしな孝之

 宮﨑敏郎はもう、何をやってもかわいい! 打席に立っても、寝転んでも、スターマンのぬいぐるみを抱えても、かわいいかわいいと黄色い声援があがるキャラです(個人の感想です!)。

<例>

一塁ランナー・宮﨑がまさかの盗塁!
ぜんぜん間に合わず、余裕で二塁タッチアウト……
ここで宮﨑転倒!
ころんころんトシロー発動!
ころんころん! ころんころん!!
かわいいーーー!!!
みんなが見とれている間に
なんやかんやで盗塁成功!

 あれ……? おもしろいのかな……これ……。

宮﨑敏郎 ©みずしな孝之

 身長170mm以下(ミリです)のミニミニキャラは、これはもう柴田竜拓一択です。167mmの小柄さを生かした機敏なプレイをこなし、ときにはボールに押しつぶされたりして、宮﨑とは違ったかわいさを演出してくれることでしょう。

柴田竜拓 ©みずしな孝之
z