昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《傷ついた心の値段は?》加害男性がテラハ木村花さんに支払った「リアルな金額」とネット中傷裁判にかかる「相当な期間」

『しょせん他人事ですから』監修弁護士インタビュー#2

2022/08/29

 SNSの誹謗中傷といえば、2020年に亡くなった木村花さんを思い出す人も多いだろう。テレビ番組『テラスハウス』出演をきっかけに多くの誹謗中傷を受けた花さんは自死し、大問題となった。

 マンガ『しょせん他人事(ひとごと)ですから』(白泉社)を監修する弁護士・清水陽平氏は、花さんの母・木村響子さんの代理人も務める。実際の訴訟、支払遅延の問題、本人死亡後の情報開示請求の複雑さについて聞いた。(全3回の2回目/1回目を読む)

◆◆◆

慰謝料の「分割」支払はあやしい

――マンガでは、人妻を誹謗中傷した相手が特定され、相手は和解金を支払うことになります。ところが、指定日に支払われたのは最初の2回で、あとは遅延してしまいます。

 実際のケースでも、支払遅延は多いのでしょうか。

Ⓒ左藤真通・富士屋カツヒト・清水陽平/白泉社

清水 これはケースバイケースで、その人次第……としか言えないですね。

 和解金のうち、慰謝料として認められる相場は30万~60万円。調査費用を入れても最高で100万円前後、実際は60万~80万円ぐらいが多いです。金額を相手方に提示すると、「それくらいなら一括払いする」と言う人もいます。

Ⓒ左藤真通・富士屋カツヒト・清水陽平/白泉社

――支払方法は、一括か分割か選べるんですか。

清水 依頼者次第ですが、応じる方も多いです。でも分割払いの場合、マンガのように最初だけ払って、あとは無視する人もいます。

 ですから、相手方が「分割払いで」と言ってきたら、もしかするとあやしいかも……という印象はあります。

木村花さん死後の誹謗中傷、賠償金額は「129万円」だが……

――2020年5月、SNSで誹謗中傷を受け続けていたプロレスラーの木村花さんが亡くなりました。清水さんは花さんの母・響子さんの代理人でもありますね。

 花さんの死後にTwitterで誹謗中傷をした男性を響子さんが訴え、昨年5月、男性側に129万円の賠償金支払が命じられました。その後1年以上経ちますが、これは支払われたのでしょうか。

木村花さん ©共同通信社

清水 支払われていません。

――全くですか。

清水 はい。私は木村花さんの案件をいくつか担当していますが、この件については、現状で支払額は0円です。相手方は裁判で一度も出廷せず、答弁書も提出しなかったので、事実関係を認めたとされました。

z