昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

木下に電話で話を聞くと…

 今、どんな思いを抱えているのか。木下に電話すると、冒頭のように答えた。

――木下さんには投資の誘いはなかった?

「なかったんですよね(笑)。僕が興味なかったっていうのもわかってたんでしょう」

――木本さんが投資仲間から仲介料を貰っていたのでは、と見る向きもあった。

「僕も『貰ってるのか?』と何回か訊きましたが、『全て貰ってない』と。そこは信じてます」

“被害芸人”の吉村

――巻き込んだ仲間に木本さんが肩代わりして金を返しているそうだが。

「木本はほんとお節介で、カッコつけなんですよ。例えばS‐1バトルで賞金が一人当たり500万入った時、後輩何十人か連れて沖縄に行ったんですよ。そういう男気が今回のフォロー(肩代わり)にも繋がったし、逆にお節介にも繋がったっていうことなんですかね」

――木本さんは木下さんの松竹芸能への復帰も望んでいたそうだが、自身も事務所を辞めることになった。

「残念ですよね。復帰が白紙になってしまった。具体的に話が進んでいたわけではないですが、木本と僕の気持ちです。木本が最後の頼みの綱だったところはある。正直ショックでした」

 TKO再始動に向け、「ネタも作らなあかんよね」と話し合っていたという2人。

 今後は“お笑い一本”を続けていって欲しい。

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー