昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ご褒美だよ」と田中の自慰動画が…

 会うのはもっぱらホテル。滞在中の数時間、田中は冒頭のように休みなく薬物を吸引していたという。

「そこら中にコカインの粉や大麻をこぼしては、キメキメの目で『もったいねー』と拾い集めてまた吸って。コカインは机にバーッと出してストローで吸う。部屋を出る時に残った分をかき集め、またパケに戻して持って行く。そんな状態なのでいつかまた捕まるだろうなと思ってました」(同前)

 一方、都内在住のBさんも数年前に田中と知り合い、やはり会うたびに金やクスリをせがまれたという。

「会ってから何回目かにチラッと『コカインやったことがある』と話したら、しょっちゅう『チャリない?』って聞かれるようになった。ここ2年は『コロナでライブが延期になって収入がないから助けて欲しい』って。無視するとお金の無心と一緒に『ご褒美だよ』とオナニー動画が送られてくるんです。外で一人でやってるのや、何時間も性器をバシバシ叩いてるやつ、お尻をいじりながらしごいているのなど……15本くらいは届きました」(Bさん)

交際相手に送ったコカインを求めるメールとLINE

 8月2日、1000葉地裁松戸支部は、田中の保釈を認めない決定を下した。

「執行猶予中の逮捕だったこともあり、実刑は免れない。公判で『家族全員で協力して更生させる』と話した父親もスピード再逮捕には呆れ果てており、『あいつはクズだ。出所後はそのまま施設にいれる』と話している」(捜査関係者)

 KAT-TUNの代表曲『Real Face』の歌い出しは「ギリギリでいつも生きていたいから」。だがこれ以上、ギリギリで生きてはいられない。

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー