昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《渋谷通り魔事件》「母子の背後へ足早に近づき、犯行のタイミングを…」防犯カメラに残された“逮捕の15歳少女”凶行直前の“足どり画像”

genre : ニュース, 社会

「イライラすると態度に出てしまうところが、母の性格と似てきたことに最近気がついた。母を殺そうと思ったが、弟がそれを見たら可哀そうだから弟も殺そうと思った。でも勇気がなかったので、練習するために2人を殺そうとした。死刑になりたかった」(逮捕された少女の供述)

 東京・渋谷のラブホテルが立ち並ぶ小雨の円山町で、20日午後7時20分頃、薄暗い通りを歩く母親(53)と娘(19)の背後から、中学3年生の少女(15)が傘も持たずに急接近し、突如ナイフを持って襲い掛かった。

防犯カメラには犯行のタイミングをうかがう少女の姿が…

 警視庁は20日、母親と娘の親子をナイフで切り付けたとして、埼玉県戸田市に住む少女を殺人未遂容疑で逮捕した。母親は両肩と背中を切りつけられ、娘は左腕と腹を刺されるなどして重傷を負った。母親は命に別状はないというが、娘の腹の傷は深さ約10cmに達しているという。社会部記者が明かす。

「京王井頭線神泉駅付近を親子で並んで歩いていたところ、少女が突然背後から娘を刺したようです。気づいた母親は抵抗した際に負傷しましたが、助けを呼ぶ声に駆け付けた飲食店の男性らと協力して少女を取り押さえました。犯行時に使われた凶器は刃渡り8.5cmの包丁。他にも折り畳みナイフなど2本の刃物が現場に落ちていました。家宅捜索の結果、自宅から持ち出された刃物ではなく、3本とも少女があらかじめ準備したものとみられます。親子と少女に面識はなかったようです」

事件現場となった神泉駅付近の円山町 🄫文藝春秋

 取材班が入手した防犯カメラの映像を見ると、白いシャツにスニーカーを履いた小柄なショートカットの少女が、犯行現場の100メートル手前から、傘をさして歩く母子に早歩きで近づき、犯行のタイミングを窺う姿が確認できた。少女は親子にぴったりとくっついて並び歩いた後、背後から突如回り込むように親子の前に出ようとしている。

親子のうしろから早足で近づく少女(読者提供)
親子の真後ろまで近づいた(読者提供)
並び歩いた後、背後から突如回り込もうとする様子(読者提供)

 事件が起きたのは、この映像の直後。犯行の目撃者の男性が話す。

z