昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

高橋治之電通元専務が語ったスポンサー集めの裏側「森さんも僕に任せてる」音声

 東京五輪・パラリンピックのスポンサー契約を巡る汚職事件で、AOKIホールディングス(HD)から計5100万円の賄賂を受領したとして、受託収賄の疑いで逮捕された電通元専務の高橋治之容疑者(78)。「週刊文春」の取材に、組織委員会会長だった森喜朗氏との親密な関係を明かしていた。

特捜部に逮捕された高橋容疑者 ©共同通信社

 8月17日、東京地検特捜部に逮捕された高橋容疑者。司法担当記者が解説する。

「高橋氏が代表のコンサル会社『コモンズ』は、AOKIホールディングス側から、五輪のスポンサー選定などを巡る依頼を受けた見返りとして、2017年10月から今年3月にかけて5100万円を受け取った疑いがあります。組織委理事は『みなし公務員』と規定され、職務に関する金品の受け取りが禁止されている。AOKI創業者の青木拡憲氏や弟で前副会長の青木寶久氏、専務の上田雄久氏も贈賄容疑で逮捕されました。高橋氏は『五輪とは関係ないコンサル料』と容疑を否認し、青木氏らも容疑を否認しています」

 高橋容疑者は1967年に電通に入社。主にスポーツビジネスに携わり、2002年のサッカー日韓W杯の実現などに尽力した。2007年に電通専務などを経て、2011年に電通顧問を退任し、コモンズ代表に就任。大会招致委員会のスペシャルアドバイザーとして、IOC委員らへのロビー活動などを担っていた。

コンサル契約書には〈月額金100万円〉

 2013年9月、東京五輪の招致が決定。2014年1月に大会組織委員会が発足し、同年4月、電通がマーケティング専任代理店に指名される。同年6月、高橋容疑者は組織委員会理事に就任。理事の定員は35人だが、高橋容疑者は「35人目の理事」だった。

 高橋容疑者が「週刊文春」の取材に応じたのは、2016年12月21日のことだった。

 組織委員会の理事に就任した経緯については、次のように語っていた。

z