昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

人気マンガ家2人が語る“連載終了”のリアル「明日から何をしようかと」「私はずっと勉強しています」

マンガ家対談・鈴ノ木ユウ×泰三子 #1

2022/09/01

 二人の漫画家が人気作に終止符を打ち、次なる舞台に歴史を選んで新たな作品を生み出している。

 ひとりは、産科医を主人公にした『コウノドリ』が2020年5月に完結(2012年連載開始/全32巻)した鈴ノ木ユウさん。現在は『週刊文春』で司馬遼太郎の『竜馬がゆく』のコミカライズを連載中である。

 もうひとりは、交番勤務の女性警察官を主人公にした『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』を今年(2022年)の6月に一旦終了(2017年連載開始/既刊21巻)した泰三子さん。現在は、新しい歴史物の作品の準備中だという。

 このインタビューでは、同じ漫画雑誌「モーニング」(講談社)で連載していた縁で「大親友ですよ(笑)by鈴ノ木さん」「いつも飲んでるくらいの心の距離感はあるつもりなんですけど(笑)by泰さん」というお二人に人気作を終えたときに感じたことや、新しい連載を立ち上げる苦労、そして歴史への興味と、時代物を描く難しさや面白さなどについて語っていただいた。(全2回の1回目/続きを読む

鈴ノ木ユウ 漫画家。シンガーソングライター。山梨県出身。漫画の代表作に『コウノドリ』がある。第40回講談社漫画賞一般部門受賞。現在、『週刊文春』にて司馬遼太郎原作の『竜馬がゆく』のコミカライズを連載中。
泰三子 漫画家。元警察官。代表作に『ハコヅメ~交番女子の逆襲~』がある。第66回小学館漫画賞一般向け部門、第46回講談社漫画賞総合部門受賞。現在は新しい歴史物の作品の準備中。出身地は非公開。

職業漫画といえば「モーニング」

――まずは『コウノドリ』と『ハコヅメ』というお二人の代表作の始まりについて教えていただけますか。

鈴ノ木 『コウノドリ』の前に短期連載していた音楽ものは、アンケート10位以内になれば連載と言われていたんですけど、最高が11位だったんですよ。そしたら微妙な空気が漂いまして……。編集部からは連載してもいいって言われましたが、別の漫画を描きますって言ったんです。そのときはまだ何を描くか決めていなかったんですけど、妻から「産婦人科描いてみたら」って言われまして。妻の幼馴染に産婦人科の先生がいて、ポケベルをビニール袋に入れてお風呂に入ってたなんて話を聞いていたんです。

――いつでも病院に駆けつけられるようにですね。知らないことがたくさんあったと。

鈴ノ木 はい。それで興味をもって一話描いてみようかなと思ったのがきっかけですね。

――泰さんが『ハコヅメ』を描いたきっかけは何ですか?

 私は、もともと警察官で、警察のことをより多くの人に知ってもらいたいと思ったことですね。

ハコヅメ」第1巻

――その手段として漫画を選んだわけですね。

 そうですね。漫画じゃなくてもよかったんですけど、手っ取り早くて齟齬なく通じるかなということで漫画にしました。それでネットで調べると《職業漫画といえば「モーニング」》とわかったので、送りました。

――最初からご自身が警察官であると、明かしていたんですか?

 最初は身分を隠していまして、見た人の2割くらいが「この人は警察官だ」とわかるくらいの匙加減にしたつもりだったんですが、実際には担当してくださった方から「こんなの僕と編集長の二人しか気づかなかったですよ」と言われましたね。

――そこから『モーニング』で連載になるのはすごいことですね。

 送ってから連載まで多分1年くらいだったと思いますが、それがすごいことなのかはあまりピンときていなかったですね。

z