昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

公明党の提訴に対する「週刊文春」編集部のコメント

 公明党の石井啓一幹事長は、9月9日、記者会見で、熊野正士参院議員(57)による知人女性へのセクハラを山口那津男代表と北側一雄副代表が隠蔽したとする「週刊文春」の記事は「事実無根」として、発行元の文芸春秋に対して、損害賠償などを求め東京地裁に提訴すると発表しました。記事は「《LINE入手》公明党が隠蔽した参院議員『凌辱セクハラ』」で、7日配信の「週刊文春 電子版」及び8日発売の「週刊文春」に掲載されたものです。報道各社からコメントの依頼がありましたので、「週刊文春」編集部として以下の通り発表しました。

◆◆◆

 記事にはじゅうぶん自信を持っています。今回、公明党の説明でも、北側一雄副代表や山口那津男代表は被害女性と電話で会話し、熊野正士参院議員とのトラブルについて、山口代表が謝罪したことは認めています。トラブルを把握しながら、そのような問題議員を、なぜ参院選で公認して出馬させ、当選させたのか、公党として有権者に説明するべきと考えます。

公明党の熊野正士参院議員(公式HPより)
小誌が入手したLINEメッセージ。A子さんを凌辱するポルノ小説さながらの記述が
 
 
公明党の山口那津男代表 ©️共同通信社

 最近、セクハラ報道の細田博之衆院議長など、提訴を言い訳にして、説明責任を果たさない政治家が増えています。政権与党の公明党が、提訴を理由に説明責任を回避することのないよう、期待しています。また、「週刊文春」は提訴に萎縮することなく、今後も取材、報道を続けてまいります。

「週刊文春」編集部

この記事の写真(5枚)

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー
z