昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「未成年に出会うにはリスクを犯すしかない」“川崎パパ活狩り事件”の女子高生(16)たちが仕掛けたツイッター美人局の「驚愕の手口」とは

genre : ニュース, 社会

「今日池袋でこれからお泊まりできる女の子いませんか??お手当10万渡します 気軽にDMください」(2022年9月9日午後5時15分)

「今日都内新宿にて大人でお会いできる方いませんか?JK3です!」(2022年9月9日午後5時17分)※「大人」は性交渉あり、JK3は高校3年の女子高生を意味する隠語

「18時から川崎で会える方いませんか?3Pです!DM待ってます!」(2022年9月9日午後5時18分)

ツイッターで検索すると「P活」というタグの募集は山のように見つかる

 金曜日の夜にツイッターで「#P活」と検索すると、わずか4分の間に3件もの投稿がヒットした。これらはP活、つまり「パパ活」相手を募集するツイートだ。

 女性が男性とのデートの見返りに金銭をもらう「パパ活」はここ数年で急速に拡大した。体の関係を伴うハードなものから食事をするだけのソフトなものまであり、男女ともに10代から80代まで幅広い。

 しかし9月8日、「パパ活」界隈を震撼させる「パパ活狩り」事件が発覚した。

移動した公園で「魔の17時間」が始まる

静かな公園で待ち受けていたのは「魔の17時間」の始まりだった ©文藝春秋

 ツイッター上で知り合った会社員男性(30)に対する強盗の容疑で、川崎市内に住む高校2年の女子生徒A子(16)を含む16~19歳の男女6人が逮捕されたのだ。事件の発端はA子のツイッターに男性が返信したことだった。大手紙社会部記者が、事件の詳細をこう語る。

「ツイッターを通じて知り合った男性とA子は、8月22日の未明に東京都狛江市の和泉多摩川駅に近いコンビニで待ち合わせました。男性のプリウスに乗り込んだA子が『Hなことをしよう』と誘い、2人は車で10分ほどの生田緑地へ移動。しかし生田緑地にはA子の彼氏を含む5人の少年が待ち構えていました。少年たちに囲まれた午前3時ごろから、男性にとっての“魔の17時間”が始まりました」

z