昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「何泊していただいても大丈夫(笑)」女性宿泊客に薬飲ませ暴行か 口コミ高評価のゲストハウスで…経営者の卑劣な犯行

source : 提携メディア

genre : ニュース

 

男は警察車両から降りた直後、思わぬ行動に出た。

「女性1人でも安心」のはずが…客の無断撮影も?

報道陣のカメラに親指を立てたのは、ゲストハウス経営者の武内俊晴容疑者(48)。女性客に性的暴行をした疑いで9月20日に逮捕された。

警察車両から降りた直後に…(岡山県倉敷市 9月21日)

武内容疑者は、岡山県里庄町で「Cafe&Guest House 凸屋」を経営。

 

旅行サイトでは5点満点の好評価を獲得し、女性客からの「女性一人でも安心して過ごすことができました」「店主が優しくて1泊だけではもったいない宿でした」といった好意的な口コミがあふれていた。

 
 

こうした声にゲストハウス側はこう返答していた。

Cafe & Guest House 凸屋:
1泊だけとは言わず、お客さまさえ良ければ何泊でもしていただいて大丈夫なんですからね(笑)

 

事件の現場となったのは、そのゲストハウスの中だった。

警察によると、武内容疑者は2019年8月、1人で宿泊していた30代の女性客に睡眠作用のある薬物を飲ませ、性的暴行をした疑いがもたれている。

 

これまでの調べで、ゲストハウスからは武内容疑者が無断で撮影したとみられる宿泊客の写真や動画が多数見つかっているという。

 

武内容疑者は容疑について話そうとしておらず、「やったかやっていないかは黙秘します」と供述している。

 

警察は複数の余罪も視野に調べを進めている。

(イット! 9月21日放送より)

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z