文春オンライン

《サンシャイン乱闘騒ぎ》「俺、刺しちゃったよ…」最凶マフィア・怒羅権の初代総長が語る「浦安ウエスタン事件」 敵対勢力200人の包囲から脱出して合流した仲間の1人が…

「怒羅権 初代」より#1

2022/10/17

 東京・池袋の高層ビル「サンシャイン60」のレストランで16日夕に発生した乱闘騒ぎ。準暴力団の「チャイニーズドラゴン」のメンバーが加わっていたとされ、仲間の出所祝いのため100人規模で集まっていたようだ。

 彼らは「半グレ」とも称される集団で、山口組などの「指定暴力団」と違い、暴力団対策法などの網にかからないため、取り締まりることが厳しい。

 前身の「怒羅権」は1980年代後半に中国残留孤児2世グループによって結成され、ヤクザも警察も恐れた最強不良集団だった。

 そんな“暴力に満ち溢れた”世界に生きる中国残留孤児2世の生態や行動原理とはどのようなものなのか――。「怒羅権」初代総長であり、10年に及ぶ服役を経験した佐々木秀夫(ジャン・ロンシン)氏の著書『怒羅権 初代』(宝島社)の抜粋記事を再公開する(初出2022年2月21日、肩書き、年齢等は当時のまま)。

◆◆◆

「オラァァー! 殺すぞ!」

「おい、やめろ! 俺たちは怒羅権だ!」

 眼前には鉄パイプや金属バットを振り上げていきり立つ数十人の男たちがいる。武装した不良グループに突然取り囲まれて私は少々慌てた。

 その日、私とナリとヤン、それに舎弟(おとうと)のIと斎○を加えた5人は、単車で湾岸道路を流していた。私とナリとヤンのケツにはそれぞれの彼女が乗っている。

 湾岸道路(国道357号)は首都高速湾岸線の両側に配置された一般道だ。大田区羽田から千葉県境の旧江戸川に架かる舞浜大橋まで、湾岸の埋立地をつなぐように建設されている。

 葛西臨海公園から都道の葛西橋通りを経由して東京メトロ東西線浦安駅近くにあったボーリング場「ウエスタンレーン」の前まで戻って来たときだ。ウエスタンレーンの駐車場に、愛死美絵無、Number1、米(コメ)といった地元暴走族の集合体である鬼羅連合のメンバー数十人が殺気立った雰囲気を漂わせて集結していた。

写真はイメージです ©iStock.com

 そして、私たちを敵と勘違いして有無を言わさず襲いかかろうとしたのだ。

「怒羅権も加勢してくれないか」

「――お前ら、こんなに集まって何をやっているんだ?」

 彼らを落ち着かせてから、私は旧知の鬼羅連合のメンバーに聞いた。

「市川スペクターと喧嘩になったんだよ。怒羅権も加勢してくれないか」

「お前らの喧嘩に俺らは関係ねえだろ。悪いけど帰るよ」

 この夜に起きたことは今でも鮮明に私の脳裏に焼きついている。

 1989年5月日未明――。

 鬼羅連合とのやりとりから数時間後のことだ。

 ここウエスタンレーンを舞台にして、私たち怒羅権の17歳の仲間が同じ歳の少年をナイフで刺して死亡させる事件が起きた。この通称「浦安ウエスタン事件」によって、怒羅権はその名を世間に広く知らしめることになるのである。

 ウエスタンレーンをあとにして何時間が経過しただろうか。

関連記事