昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「林家正蔵と“こぶちゃん”とのギャップに衝撃を受けて」演劇女子高生が落語家になるまで

〈グラビア特集〉おんな落語家 #4

2022/10/30

女性初の『笑点』大喜利出演、NHK新人落語大賞受賞――。男が語り、男が楽しむ芸だった「落語」に新境地を拓く、東西の俊英を撮り下ろし!(全4回の4回目/#1#2#3から続く)

おかみさん視点で拓く古典落語の新たな地平

 二ツ目の登竜門ともいえるNHK新人落語大賞では、2年連続で決勝に進出。林家つる子の実りの季節は近い。

 高崎女子高の演劇部に入ると、難題とされるコメディタッチの男役を好演。それが「演じる」ことへの道を開いた。

「見に来た両親が『ひと皮むけたな』と言ってくるほどでした(笑)。他者を演じることが楽しかったんだと思います」

撮影 板谷 麗

 大学の落研で、落語の世界に一気にのめり込むとプロを志し、林家正蔵に入門。

「初めて高座を見た時、TVで見る“こぶちゃん”とのギャップに衝撃を受け入門を志願しました。師匠は前座時代から『女性にしか出来ない落語に挑戦しなさい』と背中を押してくれたので、二ツ目になってからチャレンジが始まりました」

 演劇部時代から創作欲は旺盛。そこから生まれたのが古典落語を女性視点から見直す作業だ。すでに『芝浜』、『子別れ』をつる子なりの解釈で口演した。

 

「古典落語の世界観が大好きです。でも、とんでもない亭主に、『お前さん、ありがとう』って心の底から言えるのかなって疑問がありました。美談ではある。でも、私は納得して演じたかった。これまで女性視点の落語がないのは、歴史的に女性落語家がいなかったからだけなんですよ。明治時代に存在したら、きっと違う『芝浜』があったはずです。私は、新しい道を作っていけたらと思います」

 つる子の視点で、江戸、明治の女性が生まれ変わるのは刺激的な落語体験だ。

〈#4に続く〉

<江戸> 林家(はやしや)つる子(こ)

「林家つる子独演会 クリスマススペシャル」
2022年12月24日(土)19時開演
東京・深川江戸資料館 小劇場
☎050-3497-5500
詳細は https://tsuruko.jp

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー