昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

結婚、2児の出産、離婚、4児を持つ男性と再婚…“元祖”女性落語家の波乱万丈「女が男にかなわんのは、腕力だけやから」

〈グラビア特集〉おんな落語家 #2

2022/10/30

女性初の『笑点』大喜利出演、NHK新人落語大賞受賞――。男が語り、男が楽しむ芸だった「落語」に新境地を拓く、東西の俊英を撮り下ろし!(全4回の2回目/#3#4に続く)

弟子と6人の子を育てる“史上初”の女性落語家

 本邦初の女性落語家が、露の都その人である。つまりパイオニア。1974年、露の五郎に入門、落語家修業が始まった。

撮影 板谷 麗

「夜は師匠が帰るまで眠れませんし、体がよう持ったと思いますわ。当時の思い出は、師匠の家は南甲子園にあって、梅田に出るのに阪神電車に乗るんです。私は『この人、次の駅で降りるな』というのが分かるんですよ(笑)。師匠が『なんや、都が付いてくる時だけは座れるな』と褒めてくれたのをよう覚えてます」

 人生は有為転変、結婚、2児の出産、離婚、そして4児を持つ男性と再婚した。

「子育てで忙しい時期は焦りもあったし、時間が自由にならん悔しさもありました。でも、やり続けるのが大事。辞めたら、そこで終わりやからね。子育てが一段落してからは、天満天神繁昌亭でトリを取らせてもろたり、男性しか出てこない落語を女性版に改作したりと、私らしさが出せる時期に入ってきたのかなと思てね」

 入門からまもなく50年となり「女流に勢いがついてきました」と目を細める。

「女が男にかなわんのは、腕力だけやから。今は東西で50人以上の女性落語家がいますけど、最初の8年間は私ひとり。若い時は競争相手が少なく、正直、ぬるま湯やったと思います。今は上方では桂二葉ちゃんなんかが出てきて、競争があって芸を磨く環境が整ってきました」

 占いが趣味で「私の落語人生は、あと20年」と笑う。「85歳まで元気で高座に上がることになるんですよ(笑)」

 

〈#3に続く〉

<上方> 露(つゆ)の都(みやこ)

「露の都落語会」
2022年11月4日(金)18時30分開演
大阪・天満天神繁昌亭
☎06-6785-2525
詳細は http://www.tuyunomiyako.jp

この記事の写真(2枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー