昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「やっぱり政治的な圧力が…?」漫画家・菊池真理子が実感した「宗教2世」問題をとりまく“社会の変化”とは

『「神様」のいる家で育ちました 〜宗教2世な私たち〜』【描き下ろしマンガを特別公開】

2022/11/12
©菊池真理子/文藝春秋
©菊池真理子/文藝春秋

 漫画家・菊池真理子さんが上梓した『「神様」のいる家で育ちました ~宗教2世な私たち~』(文藝春秋)が大きな反響を呼んでいる。

 宗教的理由によって、病気の治療に薬を使わせてもらえなかったり、人を好きになることを禁じられたり――信仰に幸せを見出す人がいる一方で、とてつもない息苦しさを感じている子どもたちがいる。そして、彼らの悲痛な叫びは、これまで社会から理解されず、見過ごされてきた。

 本作は、菊池さんご自身をふくむ「宗教2世」が育ってきた“家庭内での出来事”を描き出したノンフィクション。ここでは、本書の発売に寄せて、描き下ろしの「後日譚」を特別にお届けする。菊池さんが実感した「社会の変化」とは――?(全2話の2話目/最初から読む)

◆◆◆

この記事の写真(4枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー