文春オンライン
《筆跡が酷似》 寺田稔総務相 関係政治団体が「寺田稔」宛領収書を偽造した疑い

《筆跡が酷似》 寺田稔総務相 関係政治団体が「寺田稔」宛領収書を偽造した疑い

source : 週刊文春

genre : ニュース, 政治

“領収書偽造”は民法上の不法行為にあたる疑い

 民法486条によれば、領収書について、「弁済をする者は、弁済と引換えに、弁済を受領する者に対して受取証書の交付を請求することができる」と定めており、受け取った側が宛名を記入する行為は不法行為にあたる疑いがある。

 寺田氏が大臣を務める総務省政治資金課の国会議員関係政治団体の手引きにおいても、領収書の宛名は〈発行者において記載すべき〉と定められており、受け取った側が宛名を記入する行為は総務省の指針にも反している疑いがある。

政治資金を所管する大臣 ©時事通信社

 寺田事務所に事実関係の確認を求めたところ、以下のように回答した。

ADVERTISEMENT

「『寺田稔竹原後援会』の事務処理についての見解は、国会答弁等で申し上げているとおりです」

 寺田氏が「自身は一切関与しておらず、別団体である」などと主張してきた「寺田稔竹原後援会」。だが、領収書の宛名が「寺田稔」だったばかりか、寺田氏側でその宛名を記入していた可能性が極めて高い。政治資金を所管する大臣として、どのような説明をするのか、注目される。

 11月9日(水)12時配信の「週刊文春 電子版」および11月10日(木)発売の「週刊文春」では、寺田氏の新たな資産公開法違反疑惑や、「寺田稔竹原後援会」の代表者とされていた人物の証言などについても詳報している。

この記事の全文は「週刊文春 電子版」で購読できます
寺田総務相 今度は《偽造領収書》疑惑

寺田総務相 今度は《偽造領収書》疑惑

文藝春秋が提供する有料記事は「Yahoo!ニュース」「週刊文春デジタル」「LINE NEWS」でお読みいただけます。

※アカウントの登録や購入についてのご質問は、各サイトのお問い合わせ窓口にご連絡ください。

《筆跡が酷似》 寺田稔総務相 関係政治団体が「寺田稔」宛領収書を偽造した疑い

週刊文春電子版の最新情報をお届け!

無料メルマガ登録