文春オンライン

「今のお前の姿を見たら、お母さんどう思う?」長友佑都、“荒れていた中学時代”に恩師からかけられた言葉

W杯日本代表の逆転人生

「今でこそ私の『背中でみせる男になれ』との言葉を体現してくれていますが、実はサッカーを諦めようとした時期がありました」

 こう明かすのは長友佑都(36)の中学時代の恩師、井上博氏(53)だ。

◆ ◆ ◆

生活態度が荒れていた中学時代

「みんな、ブラボー、ブラボー、ブラボー」

 ドイツ戦勝利後にこう叫んだ長友。カタールでの様子をスポーツカメラマンの渡辺航滋氏が語る。

「“長友塾”といわれているほど若手に慕われている。練習のランニングの時には相馬勇紀が積極的に話しかけ、コンディション作りなどについて聞いています」

ムードメーカーとして若手を鼓舞

 愛媛県西条市出身の長友は、中学進学時に地元の強豪チーム「愛媛FC」のセレクションに落ち、西条北中のサッカー部に入った。監督だった井上氏が語る。

「しょうがなく部活をやる感じで、生活態度も荒れていた。髪の毛を染めてゲームセンターに通ったりね」

「今のお前の姿を見たら、お母さんどう思う?」

 井上氏はそんな長友を公園に呼び出し、こう諭した。

「今のお前の姿を見たら、お母さんどう思う?」

 そう語りかけると、長友は大粒の涙を流したという。

 長友が小学3年の時に両親は離婚。母の美枝さんは冠婚葬祭の司会業をしながら、女手一つで3人の子供を育て上げた。