文春オンライン

〈動画入手〉バドミントン インターハイ優勝高校の監督が選手を足蹴り たびたび体罰の疑い

 今年7月のインターハイで日本一に輝いたバドミントンの名門校で、監督による選手への暴行が度々行われている疑いがあることが、「週刊文春」の取材で分かった。暴行現場の動画を入手した。

 その高校とは、長崎県長崎市にある私立瓊浦(けいほ)高校。地元の記者が語る。

「瓊浦は1925年に設立され、まもなく100周年を迎える伝統校。県内屈指の体育館を持ち部活動に力を入れている。昔は春夏連続甲子園に出場したこともある野球の強豪で、阪神などで活躍した下柳剛や、オリックスなどで活躍した本西厚博も卒業生。その後、男子ハンドボール部も全国制覇を成し遂げた。そして近年、特に躍進しているのが男子バドミントン部です」

校舎には横断幕が

 その強豪バドミントン部を率いるのが、林貴昭監督(49)だ。

「同校OBで高校時代は県内のタイトルをほぼ総ナメ。日体大に進み、バドミントン部主将を務めた名選手で実業団・日本ユニシス時代には日本代表にも選ばれた。1996年のアトランタ五輪では日本代表のリザーブ選手でした。指導者に転身後、長崎の県立高校を率いて16年間で4回も全国ベスト8に進出。2015年から母校の監督を務めています」(同前)

KTNテレビ長崎でも特集された

 林監督就任後の約7年間で、バドミントン部は全国大会で2位を1回、3位を4回という好実績を残す。そして今夏、四国で開催されたインターハイで悲願の初優勝を遂げたのだ。だが、部関係者が声を潜める。

「林監督による日常的な暴行が行われているのです」