文春オンライン

《MLB》124億円・吉田正尚(29)が103億円・千賀滉大(29)の契約を超えたワケ「固執した最高金額」と「譲れなかった最低金額」〈出来レース説も…〉

2022/12/15

 プロ野球オリックスからポスティングシステムによる米大リーグ移籍を目指していた吉田正尚外野手(29)が5年総額9000万ドル(約124億円)でレッドソックスとの契約に至った。

 ポスティング公示から、わずか1日での電撃決着。近年、筒香嘉智、秋山翔吾(現広島)と日本人は外野手でもMLBでは苦戦しているにも関わらず、日本人野手最高の契約を手中に収めた。

吉田正尚選手 ©️文藝春秋

 メジャー挑戦を表明していたもう1人の日本人選手、吉田より1学年上の千賀滉大投手(29)はメッツと5年総額7500万ドル(約102億円)で契約した。野茂英雄以降、本場で日本人が好成績を残してきた先発投手で、事前のMLBでの評価は吉田を凌駕していたのだが、総額では及ばなかった。二人の契約はなぜ逆転したのか――。

千賀滉大投手 ©️文藝春秋

「出来レース」とも囁かれるほどのスピード決着

 かねて吉田の評価は芳しくなかった。米国の大手マネジメント会社代理人が明かす。

「肩を含めた外野守備、走塁は平凡で、ホームランバッターでもない。三振の少なさや敬遠を含めた四球の多さは特筆すべきだが、打撃は日本での成績がそのままメジャーに適用できない。メジャーは直球の球速が日本より平均7、8キロ速く、本塁打の怖さがない吉田に、相手投手は臆せずストライクゾーンで攻めてくるだろう。四球が減ると同時に三振は増え、必然的にセールスポイントの出塁率は下がる。昨年の鈴木(誠也外野手)の契約(5年総額8500万ドル)を超えることはないだろうとみていたが……」

吉田正尚選手と妻のゆり香さん(ゆり香さんのインスタより)

 しかし、ふたを開けてみれば、レッドソックスは吉田との契約とは別に、オリックスに1540万ドル(約22億円)の譲渡金を支払う義務が生じるにも関わらず、鈴木を上回る契約を提示した。しかもタンパリングはあってはならないのだが「出来レース」とも囁かれるほどのスピード決着だった。