文春オンライン
「『お先真っ暗じゃん』って言われるけど…」そろばん好きの“ド金髪”小学生ギャル(8)が世間の声に思うこと

「『お先真っ暗じゃん』って言われるけど…」そろばん好きの“ド金髪”小学生ギャル(8)が世間の声に思うこと

令和の小学生ギャル・のあぴさん

 1990年代から2000年代前半にかけて一世を風靡したコギャルブーム。あれから20年以上が経った今、ギャルブームが再燃し、雑誌やSNSなどには「小学生ギャル」が登場している。令和の小学生ギャルの実態は一体どんなものなのか。

 今回は、大阪府に住む小学2年生のギャルモデル・のあぴさんとその両親をご紹介します。

のあぴさん

◆ ◆ ◆

ADVERTISEMENT

大阪府在住、小学2年生のあぴさん

 ギャルになったきっかけは6歳の時に行ったeggモデルのスナップ会です。専属モデルのゆうちゃみちゃん(古川優奈)を見て、「かわいい! 私もなりたい」と思いました。その時に撮影してもらったスナップ写真がeggの紙面に載ったんです。とても嬉しくて、もっとたくさん載りたいと思うようになりました。

 ゆうちゃみちゃんの地元は私の家から近くて自転車で行ける距離なんです。テレビで活躍しているのをよく見ているので、将来は私もゆうちゃみちゃんみたいにバラエティ番組に出たいです。

Instagramのフォロワーは1万人を超える

 ママがそろばん教室を運営しているので、最近はそろばんをはじくのが好きです。その他にもポールダンスや体操、KCEっていうポージングを学べる教室にも通っています。

 

 メイクはまだ苦手なので、休みの日はママと練習しています。もっとギャルメイクができるように頑張りたいです。将来はeggモデルになって、マルチに活躍できる人になりたいです。

◆ ◆ ◆

大阪府在住、のあぴさんのお母さん

 私たち夫婦も元eggモデルのかなこちゃん(川端かなこ)や元men's eggモデルの梅しゃん(梅田直樹)世代なので、ギャルが大好きなんです。のあがギャルになりたいと言った時は嬉しかったですね。

 当時、小学生ギャルはそこまでいなくて、小学1年生のギャルはのあくらいだったんです。でも、今はのあより歳下のギャルがたくさんいます。小学生ギャルが流行ってるんだと感じますね。

 のあは金髪が好きなので、1ヶ月に1回程度、美容室に行ってカラーをしてもらっています。ブリーチをしているので髪のケアも欠かせません。毎回、超音波トリートメントをしてもらっています。

 のあの美容代は1ヶ月に大体2万5000円くらいですかね。お姉ちゃんもいるので、美容代はなるべくそのくらいで収まるようにしています。

 

 最近はSNSで、「お先真っ暗じゃん」とか「親のおもちゃにされている」ってコメントが来ることがあります。でも、ブリーチやギャルメイクは全てのあがやりたいと言ったことなので、あまり気にしていないです。のあも全てのコメントに目を通しているみたいですが、「気にならない。だって自分がやりたいことができているから」と言っています。

 学校にはギャル活動のことを説明して、髪色のことは理解してもらいました。将来の夢がeggモデルだから髪の毛を染めているので、のあの活動はこれからも応援していきたいです。髪の毛を染めていてもちゃんと勉強をやる子はやるし、やらない子はやらないと思うので、見た目ではなく内面をもっと見てほしいと思います。

のあぴさんのInstagram

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

「『お先真っ暗じゃん』って言われるけど…」そろばん好きの“ド金髪”小学生ギャル(8)が世間の声に思うこと

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事