文春オンライン
「髪を染めて、ランドセルはヒョウ柄にデコりました」ピンク髪の小学生ギャル(9)が語る、“美意識”と毎月の美容代

「髪を染めて、ランドセルはヒョウ柄にデコりました」ピンク髪の小学生ギャル(9)が語る、“美意識”と毎月の美容代

令和の小学生ギャル・ゆなちさん

 1990年代から2000年代前半にかけて一世を風靡したコギャルブーム。あれから20年以上が経った今、ギャルブームが再燃し、雑誌やSNSなどでは「小学生ギャル」が登場している。令和の小学生ギャルの実態は一体どんなものなのか。

 今回は、栃木県に住む小学3年生のギャルモデル・ゆなちさんとその両親をご紹介します。

ゆなちさん

◆ ◆ ◆

ADVERTISEMENT

栃木県在住、小学3年生のゆなちさん

 ギャルになったきっかけは、YouTubeで見たeggモデルのみりちゃむちゃん(大木美里亜)と当時小学生ギャルだったじゅなちゃんです。小学生でもギャルになれるんだと思ってギャル活動を始めました。

 まずはメイクを勉強して、つけまつ毛をつけて、髪の毛を染めて、ピアスを開けました。スキンケアや歯科矯正のためのマウスピースも毎日欠かさずにやっています。ランドセルは自分でデコってヒョウ柄にしました。

ゆなちさんがデコったランドセル

 メイクのベースはいつも自分でやっています。目元の細かいメイクはママがやってくれます。目の下のピンクのシールとラメがお気に入りです。

『egg』2022年秋冬号に登場

 髪の毛はツートーンカラーにしたくて美容室でやってもらいました。黒ギャルに憧れているので、夏は海に行って日焼けをしています。

ゆなちさん

 最近は強くなるためにキックボクシングを始めました。週に3回くらい練習に行っています。そのほかにもヒップホップダンスとチアダンス、ピアノを習っています。

 みんなにゆなちの存在を知ってもらえるように、もっとSNSでの活動に力を入れていきます。将来はegg専属モデルと美容師になりたいです。

◆ ◆ ◆

栃木県在住、ゆなちさんのお母さん

 最初に娘からギャルになりたいと言われた時はびっくりしました。でも、周りにギャルの友達がいたこともあり、ある程度ギャルに対する理解があったので、本人がやりたいならやらせてあげようと決めました。娘は雑誌に載るとすごく喜ぶんです。目標に向かって頑張る姿を見れるのは親として、とても嬉しいです。

 私も昔はつけまつ毛を付けて濃いメイクをやっていたので、その感じで娘にメイクをしています。最近は、娘が「こういうギャルメイクをしてほしい」って写真を見せてくれるので、それを研究してやってあげていますね。

コギャルメイクをするゆなちさん

 娘はブリーチをしているので、美容室には1ヶ月に1回通っています。メイク代などを合わせると美容代は月に3万円くらいです。

 一応、学校にギャル活動をしていることは伝えているので、髪色について何か言われることはありません。学校にメイクや付け爪をしていくことはなく、基本的には休日にギャル活動をしています。

 中学生になると校則が厳しくなると思うので、その時には娘がやりたいことを一番に考えてあげたいと思います。

ゆなちさんのInstagram

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

「髪を染めて、ランドセルはヒョウ柄にデコりました」ピンク髪の小学生ギャル(9)が語る、“美意識”と毎月の美容代

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事