昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

なぜイーロン・マスクは火星に車を飛ばすのか?

異端児のマインドとキャラクター

2018/02/06

アマゾン創業者に噛み付いた

 彼が荒唐無稽な言動で世間を沸かすのは、これが初めてではない。

 そもそも彼が、スペースXという宇宙企業を立ち上げたのは、「人類をはじめとする地球の生命を滅亡から救うため」である。冗談のように聞こえるが、彼は本気なのだ。「小惑星の衝突や戦争、伝染病などから生き延びるため、人間や他の生命を他の星に移住させるべきだ」と語り、すでにそのための巨大なロケットと宇宙船の建造も始めている。

 また、スペースXはロケットを再使用することでコストカットしようとしている。彼の「再使用構想」は当初、多くの人が驚き、無謀だと言ったが、しかし実現しつつある。

ベゾスのロケットの着陸(左)と、マスクのロケットの着陸(右)。一見同じだが、技術的には大きく異なる Image Credit: Blue Origin, SpaceX

 喧嘩っ早いところもある。2015年には、アマゾン創業者のジェフ・ベゾスによるロケットの再使用成功にこう噛みついた。

「あなた方のやっていることは二番煎じだ」。

 ツイッターで続けざまに自分のロケットとの技術的な違いを指摘し、自分はさらに難しいことに挑戦していると言い放った。

ジェフ・ベゾスに噛み付いたツイッター