文春オンライン
「男性の悲鳴とスタンガンのようなバチっという音が…」71歳の男性を殺した全身タトゥーの今泉容疑者(32)がSNSで発揮していた異常な暴力性と“マイバッハ超豪遊生活”――2023年2月BEST5

「男性の悲鳴とスタンガンのようなバチっという音が…」71歳の男性を殺した全身タトゥーの今泉容疑者(32)がSNSで発揮していた異常な暴力性と“マイバッハ超豪遊生活”――2023年2月BEST5

genre : ニュース, 社会

note

 今泉容疑者は昨年6月2日に、広島の海田町で竹内さんに暴行を加えて死亡させ、遺体を埼玉県まで車で運んで遺棄したと見られている。すでに監禁罪と死体遺棄罪で起訴され、強盗致死の疑いでも再逮捕されている。

 そのニュースを見て、Aさんは今泉容疑者に会った時のことを思い出したという。

今泉容疑者

「釈迦僧なんですか?」と聞いたら…

「今泉容疑者はピタっとしたアンダーシャツと、シャツの胸元を開けてタトゥーを見せつけるような服装でした。“回収屋”として活動していると言っていたので、聞きかじった知識で『釈迦僧なんですか?』と聞いたら、『釈迦僧は俺じゃない。外国籍の先輩で、俺よりもモラルのない危ない人』と言っていました。今泉容疑者も十分怖い人に見えたので、どんな世界なんだろうと思いましたね……」

ADVERTISEMENT

 詐欺被害にあった人のためにお金を“回収する”と言えば聞こえはいいが、義賊然とした建前の裏で暴力を厭わず、ついには人の命さえ奪ってしまうとしたら、それは完全なる反社会勢力である。

 依頼者も多額の報酬を要求され、犯罪に巻き込まれる可能性も多分にある。詐欺事案でお金を取り戻すのが難しいとしても、“回収屋”に接触することは新たなリスクを背負い込むことにほかならない。

2023年2月BEST5 結果一覧

1位:石野真子62歳の波瀾万丈。ファン騒然のセミヌード、長渕剛と破局、妻公認の愛人に…
https://bunshun.jp/articles/-/61273

2位:セミヌードを披露した写真集は5万円にも…財前直見57歳の“転機”と“大分移住”
https://bunshun.jp/articles/-/61272

3位:「『お先真っ暗じゃん』って言われるけど…」そろばん好きの“ド金髪”小学生ギャル(8)が世間の声に思うこと
https://bunshun.jp/articles/-/61271

4位:「男性の悲鳴とスタンガンのようなバチっという音が…」71歳の男性を殺した全身タトゥーの今泉容疑者(32)がSNSで発揮していた異常な暴力性と“マイバッハ超豪遊生活”
https://bunshun.jp/articles/-/61270

5位:NMB卒業後、1年間で50kg→85kgに「10kg増えたあたりから歩くのがしんどくて…」元アイドルが語る、“急激すぎた”体重増加の顛末
https://bunshun.jp/articles/-/61269

「男性の悲鳴とスタンガンのようなバチっという音が…」71歳の男性を殺した全身タトゥーの今泉容疑者(32)がSNSで発揮していた異常な暴力性と“マイバッハ超豪遊生活”――2023年2月BEST5

X(旧Twitter)をフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー

関連記事