文春オンライン

〈注意処分から一転、監督を解任〉「パーン」とビンタ、胸を強く突き…昨年の春高バレー優勝校・日本航空監督の暴行動画 暴力常習の疑いも

「週刊文春」が3月15日に公開した動画で、ビンタするなど男子バレー部員に暴行していたことが発覚した日本航空高校の月岡裕二監督が、監督を解任されたことがわかった。当初、日本航空高校は、厳重注意処分としていたが、バレー界や高校スポーツ界が「暴力根絶」を掲げる中、処分が甘すぎるとの批判が出ていた。

 日本航空は春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)に21年連続で出場を果たしている名門校で、昨年1月には悲願の初優勝を果たしていた。月岡氏が、日常的に暴力行為を行なっていたことをうかがわせる動画の存在を明らかにした、「週刊文春」の記事を再公開する(初出:週刊文春 2023年3月23日号 掲載 年齢・肩書き等は公開時のまま)

◆◆◆

 昨年1月の春高バレー(全日本バレーボール高等学校選手権大会)で、初優勝を果たした日本航空高校(山梨県)の男子バレー部で、監督による暴行が行われていることが「週刊文春」の取材で分かった。日本航空高校は、今年1月の春高バレーにも21年連続で出場を果たしている名門校。同校の月岡裕二監督(54)が選手に対し、ビンタ、胸を強く突くなどの暴行を行っている様子を収めた2本の動画を「週刊文春」は入手した。

『バレーボールを一にする』男子バレー部を率いる月岡監督のモットー

 1932年創立の同校は、在校生の7割が寮生活を送る私立の共学校だ。

「戦前の山梨航空機関学校が前身で、全国的にも珍しく航空業界を目指す『航空科』が設置されている。スポーツも盛んで、硬式野球部やサッカー部は過去に全国大会に出場。男子バレー部は、昨年悲願の日本一になりました」(地元記者)

男子バレー部監督による暴行が行なわれていた日本航空高校 ©文藝春秋

 率いる月岡監督は神奈川の藤沢商高(現藤沢翔陵高)の主将兼エースとして日本一に輝くこと2回。明治大を経てサントリーでプレーし、第1回Vリーグの優勝メンバーとなった有名監督だ。

昨年1月、春高バレーで悲願の日本一になり胴上げされる月岡監督 ©時事通信社

「1998年に日本航空高の監督に就任。選手がバレー第一に専念できる環境を作るために何をするのかが重要という『バレーボールを一にする』がモットーです」(スポーツ紙記者)