昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2018/02/22

auの回し者ではないが「au STAR会員」はすごい

 auには「au STAR会員」(https://www.au.com/pr/star/)という会員制度がある(入会金・年会費無料)。この会員に登録すると、「au STAR ギフト」として、毎月1回24時間分の「世界データ定額」を無料で利用できるのだ。しかもいったん「au STAR会員」になると別途登録などの必要はない。かりに夫婦や友人などが2人ともau持ちだと仮定してみたい。

会員登録すると、「au STAR ギフト」として、毎月1回24時間分の「世界データ定額」を無料で利用できる

 たとえば文男・春子が12月30日~1月3日まで海外旅行するとしよう。その場合、月またぎで2人別々に「au STAR ギフト」を利用することで、
文男 12月30日 無料
春子 12月31日 無料
文男 1月1日 無料
春子 1月2日 無料

 この4日間の海外での「世界データ定額」でのネット接続はすべて無料となるのだ。どちらか一人が無料でネット接続できれば後はテザリングで共有すればよい。

 1月3日だけは別途980円支払う必要があるが、5日間の旅行期間のうち、あまりネット接続が必要ない日があればこの日はホテルなどのwifi接続だけですますという方法もある。また、「世界データ定額」は任意のタイミングから24時間利用できるから、wifi接続ができない、昼間の外出のタイミングにあわせてスタートすることなどで、効率的に運用することができる。

 一点だけ注意したいのは、この月1回の無料分も利用時には、24時間980円と表示されること。最初は不安になるかもしれないが、課金されることはない。

 日本人は一般に短期旅行が多いので、月1回24時間の無料といってもばかにならないうえ、年末年始やゴールデンウィークは月またぎとなるので、1回の旅行でまるまる2日間無料となる。なぜau推しであるかおわかりいただけただろうか。

 冒頭に書いたが、別にauの回し者ではない。ドコモでも同様に無料のサービスが開始されれば大歓迎である。また、海外での利用という点では遅れをとっているソフトバンクにも奮起を期待したい。

 大手キャリアのシムロック解除が容易となり、今後も格安シム利用者は少しずつ増えていくだろう。

 たとえば、2018年5月1日から、「H.I.S.モバイル」が、70か国を対象に1枚のSIMカードで対応するサービスを始める。1日最大200MBだが、1日あたり500円という価格は魅力的だ。

 今後も健全な競合で早く格安な常時接続が確保されることを期待したい。

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー