文春オンライン
文春野球コラム

兄貴であり先生であり…“ジャパさん”ソフトバンク・髙田知季コーチがみんなから慕われる理由

文春野球コラム ペナントレース2023

2023/05/26

 へぇぇ、0っていう背番号があるんだ……。苗字の漢字は『はしごだか』なんだ……! 「たかだ」じゃなくて『たかた』なんだ……!!

 私がプロ野球の取材を始めて、ホークスで最初に名前と顔を覚えたのが背番号0をつけていた『髙田知季』選手だった。

 ちなみに、髙橋純平投手と髙谷二軍バッテリーコーチ、髙村二軍投手コーチも『はしごだか』、高橋礼投手と高波四軍外野守備走塁コーチは『くちだか』である。……テストには出ない。(笑)

ADVERTISEMENT

 その背番号0髙田知季選手は、昨年2022年シーズンをもって10年間の現役生活に幕を下ろし、現在は福岡ソフトバンクホークスの野手担当リハビリコーチをつとめている。

 ファーム本拠地HAWKSベースボールパーク筑後の室内練習場で、怪我からの復帰を目指す選手たちに時折愛のあるゲキを飛ばしながらノックやボール出しをしている横顔がなんだか楽しそうで、生き生きしていて嬉しい。

髙田知季リハビリ担当コーチ ©川崎優

クールで落ち着いていてスタイリッシュだが…

 現在33歳。選手達とも年齢が近く、笑顔で声をかけ積極的にコミュニケーションをとる様子を見ていると、良き兄貴分という感じだ。

 現役時代の愛称は、『ジャパネットたかた』の高田社長と同じ「たかた」ということで『ジャパ』。コーチとなってからはともかく、現役時代は後輩たちからも親しみを込めてジャパさんと呼ばれていた。

 私はそんなジャパさんのスタイリッシュな守備を観るのがとても好きだった。

 ホークスのショートといえば、今宮健太選手の「あなたは人間国宝ですか」と称えたくなるほどの、広い守備範囲と華やかでアクロバティックな姿が印象的。だけど、対するジャパさんは細胞に染み渡るような、静かで無駄がなく、流れるような力感のない動きがため息ものだった!

 まるで淹れ立ての八女茶か熱めの梅昆布茶を正座ですすりながら、ウンウンと頷きながらしみじみ堪能したくなる守備。

 感情を出さず淡々と打球処理する姿も魅力だったが、本人もそこは意識していたそう。それもまた職人っぽくて良かった。

©川崎優

 そんなクールで落ち着いていてスタイリッシュなジャパさんだが……自身の29歳の誕生日だった2019年5月6日、目と耳を疑う出来事が起きた。

 この日2安打と決勝ホームスチールの活躍でお立ち台に上がった川島慶三選手が、ヒーローインタビューの最後に「今日誕生日のヤツがいて。髙田知季が自分で歌いたいと言っていた」とマイクを持ってニヤリ。

 この前日は当時の工藤公康監督の誕生日で、周東佑京選手がお立ち台でお祝いの歌を歌っていた。

「ジャパ~、ジャパ~」。川島選手が呼びかけるも、すでにロッカールームに引き揚げたと思われた髙田選手からすぐに反応はなく「心の中でみなさん、歌ってあげてください」と1度は締めに入った。

 だがしかし、じつはベンチ脇でその様子をこっそり見ていた髙田選手。「終わりかな、と思っていたら目が合ってしまった」。川島選手に手招きされてお立ち台へ。そして「ぱんぱ、ぱーんぱーんぱーんぱーん」と川島選手が前奏を歌うと、マイクが髙田選手のもとへ。

「ハッピバースデートゥーユー♪ ハッピバースデートゥーミー♪ ハッピバースデー、ディアジャーパー♪ ハッピバースデー、トゥーミー♪」

 ……あのクールで落ち着いてスタイリッシュなジャパさんが(2回目)満面の笑みで歌っていたのである。しかもうまい。なんてこった! 私の胸の高鳴りはしばらく収まることがなかった。

文春野球学校開講!

関連記事