文春オンライン
《維新が除名処分》〈酔った時に無理やりしました笑〉維新セクハラ府議・笹川理氏が女性市議に同意の無いままキスか〈LINE入手〉

《維新が除名処分》〈酔った時に無理やりしました笑〉維新セクハラ府議・笹川理氏が女性市議に同意の無いままキスか〈LINE入手〉

 6月3日、大阪維新の会は大阪府議の笹川理前代表(42)を「除名処分」にしたことを発表した。党代表の吉村洋文大阪府知事が記者団に明らかにした。

 笹川氏を巡っては、大阪維新の会・宮脇希大阪市議(36)へのパワハラやストーカー疑惑を「週刊文春」が5月18日発売号から3週にわたって報じていた。小誌の報道を受け、笹川氏は5月22日に代表を辞任。29日には離党届を提出していた。

 笹川氏は宮脇氏に何をしたのか。当時の記事を再公開する(初出:文春オンライン 2023年6月8日掲載 肩書きは公開時のまま)。

ADVERTISEMENT

◆◆◆

 女性市議へのハラスメント行為を巡り、5月29日、地域政党「大阪維新の会」に離党届を提出した笹川理府議(42)が、同じ女性市議に対し、無理やりキスしたとするLINEを送っていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。事実とすれば、強制わいせつ罪に当たる可能性もあるが、笹川氏側は「冗談だった」などと主張している。一方の女性市議はLINEに記されている内容の事実関係について、党本部に報告しているという。

 笹川氏は関西大学大学院修了後、リクルートを経て、2011年に29歳の若さで府議に初当選を果たした。現在4期目。

「5月8日に府議団代表に就任したばかりの “維新のホープ”でした。プライベートでは3人の子を持つ既婚者です」(地元記者)

5月8日に府議団代表に就任したばかりだった笹川氏 ©共同通信社

「週刊文春」5月18日発売号で報じたのが、大阪維新の会・宮脇希市議(36)へのパワハラやストーカー疑惑などだった。

「宮脇氏は、外資系証券会社勤務やモデル活動を経て、現在3期目の“美人市議”です。2020年に夫から性感染症をうつされた体験を市議会で明かし、性教育の重要性を訴えたことでも話題になりました」(同前)

 笹川氏は2015年9月22日の東大阪市議選へ手伝いに行った帰り道に、自分の車に同乗しなかった宮脇氏に激怒し、繰り返し威圧的なLINEを送ったり、別の日には深夜に宮脇氏の自宅を訪れてインターフォンを押したりしていた。一方で、笹川氏と宮脇氏は当時、選挙区が同じで、宮脇氏は先輩議員である笹川氏を表面的には無下にできないという事情もあった。

 さらに「週刊文春」5月25日発売号では、東大阪市議選の手伝いに行った翌9月23日朝、笹川氏が宮脇氏に対し、〈希が(略)「一回えっちさせたる」って言われてそうなったら、それでこの関係はお終いになると思う。希がおれといるのが煩わしいって思うなら、そうしてくれれば〉などと、暗に肉体関係を求めるようなLINEを送っていたことを報道。「週刊文春」がこのLINEに関する質問状を送付した直後の5月22日夕方、笹川氏は府議団代表の辞任届を提出していた。その後、笹川氏は5月29日に大阪維新の会に離党届を提出。ただ、議員活動は継続したいとの意向を示しているという。